意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「舌が回る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「舌が回る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「舌が回る」という言葉を使った例文や、「舌が回る」の類語を紹介して行きます。

舌が回る

Meaning-Book
「舌が回る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「舌が回る」とは?意味
  • 「舌が回る」の表現の使い方
  • 「舌が回る」を使った例文や短文など
  • 「舌が回る」の類語や類義語・言い換え


「舌が回る」とは?意味

「舌が回る」には、「すらすらと流暢にしゃべること」という意味があります。

  • 「舌が回る」の読み方

「舌が回る」の読み方

「舌が回る」の読み方は、「したがまわる」になります。



「舌が回る」の表現の使い方

「舌が回る」の表現の使い方を紹介します。

「舌が回る」には、「すらすらと流暢にしゃべること」という意味があります。

そこで、みなさんの周囲にいる、よどみなくしゃべる人を見た時、「舌が回る」という言葉を使ってみましょう。

例えば、飲み会の挨拶を任された幹事が、時に爆笑を取りながら、よどみなくしゃべっている様子を見たことがあるかもしれません。

このような人の様子を、「今回の飲み会の幹事は、舌が回るな」などと、「舌が回る」を使った文章にしてみましょう。

「舌が回る」を使った例文や短文など

「舌が回る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「舌が回る」を使った例文1
  • 「舌が回る」を使った例文2

「舌が回る」を使った例文1

「会議で発言するため、『舌が回る』ように、トイレの中で滑舌を良くする練習をする」

この例文は、発言することが決まっている会議を控えている人が、会議前に準備をしている様子になります。

会議で発言する時に、流暢にしゃべれるよう、トイレの個室に入って、早口言葉を言ったり、下や口をストレッチするかもしれません。

このように「舌が回る」には「すらすらと流暢にしゃべること」という意味があります。

ぶっつけ本番より、少しでも練習した方が、「舌が回る」のではないでしょうか。

「舌が回る」を使った例文2

「私の妻はよく『舌が回る』ため、口喧嘩ではまるで勝てない」

この例文は、妻がよどみなくしゃべるタイプのため、口喧嘩になるとまるで勝てないと嘆いている夫についての文章になります。

口喧嘩も、一種のスポーツだと見れば、よどみなくしゃべれる能力を持つ、「舌が回る人」が有利なのは間違いないでしょう。

このような奥さんとは、口喧嘩をしないのがいちばんでしょう。



「舌が回る」の類語や類義語・言い換え

「舌が回る」の類語や類似を紹介します。

  • 「滑舌がいい」【かつぜつがいい】
  • 「スラスラしゃべる」【すらすらしゃべる】

「滑舌がいい」【かつぜつがいい】

「滑舌がいい」には「人のしゃべる様子が、非常に流暢でスラスラと話せること」という意味があります。

「彼はアナウンサーのため、さすがに滑舌がいい」などという使い方をします。

「スラスラしゃべる」【すらすらしゃべる】

「スラスラしゃべる」には、「滑舌良く、順調に話す」という意味があります。

「プレゼンでスラスラとしゃべりたい」などという使い方をします。

icon まとめ

「舌が回る」という言葉について見てきました。

よどみなくしゃべる人を見た時、「舌が回る」という言葉を使ってみましょう。