意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「勇気づける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「勇気づける」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「勇気づける」という表現について詳しく紹介していきます。

勇気づける

Meaning-Book
「勇気づける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「勇気づける」とは?意味
  • 「勇気づける」の表現の使い方
  • 「勇気づける」を使った例文と意味を解釈
  • 「勇気づける」の類語や類義語


「勇気づける」とは?意味

「勇気づける」というのは「拍車をかける」「元気付ける」「励ます」という意味になります。

誰でも落ち込んでしまうことがありますよね。

そのような相手に勇気を与えるとき、それを「勇気づける」と言います。

「勇気」というのは「普通の人が恐怖や不安、躊躇、恥ずかしさ、などを感じるときに、それに恐れず向かっていく積極的で強い心意気」を指しています。

そのような心意気を相手に与えるとき、「勇気づける」という表現が使えます。

  • 「勇気づける」の読み方

「勇気づける」の読み方

「勇気づける」の読み方は、「ゆうきづける」になります。

人間関係において重要な表現ですので、ぜひ知っておきましょう。



「勇気づける」の表現の使い方

「勇気づける」の表現の使い方を紹介します。

例えば誰かが就活でうまくいかず、落ち込んでいるとしましょう。

なかなか就活が終わらず、自分は内定がもらえないかもしれないと落ち込んでいる人がいた時、「なんとしてもその人に勇気を与えたい、その人を励ましたい」と思いますよね。

そのような時に「勇気づける」という表現が使えます。

「就活で落ち込んでいた友人を勇気づけた」「内定が貰えなかった時に友人から勇気づけられた」といえます。

「勇気づける」を使った例文と意味を解釈

「勇気づける」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「勇気づける」を使った例文1
  • 「勇気づける」を使った例文2

「勇気づける」を使った例文1

「離婚を考えたとき、母から勇気づけられました」

夫婦関係がうまくいかず、離婚を考えた経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

しかし子供もいる、相手のことが大切だ、と考えたとき、やはり離婚はいけないととどまった人もいるかもしれません。

もしも思いとどまる前、誰かが夫婦生活に対して希望を与えてくれた、違う目線で助言をくれた、などという場合、その人は「勇気づけてくれた」のかもしれませんね。

「勇気づける」を使った例文2

「落ち込んでいた時、知らないおばあちゃんから勇気づけられました」

落ち込んでいる時など、見ず知らずの人から「ちょっとした励ましをもらい、それで勇気づけられた」という経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

ちょっとした一言で元気になれることもありますよね。

また、第三者だからこそ客観的に判断できることもあります。

落ち込んでいる時こそ、様々な人と話をして元気をもらうことが大切なのかもしれません。



「勇気づける」の類語や類義語

「勇気づける」の類語や類義語を紹介します。

  • 「元気づける」【げんきづける】
  • 「励ます」【はげます】

「元気づける」【げんきづける】

「元気づける」という表現は拍車をかける、元気を与える、という時に使われます。

相手が元気になれるように声をかけたら、それは「元気づける」ということになります。

「励ます」【はげます】

「励ます」というのは元気をつけてやる、奮い立たせる、という意味になります。

元気や勇気を出すように力付ける時に使われる表現です。

icon まとめ

「勇気づける」という言い回しは日常的にも使えますので、ぜひ覚えておきましょう。

誰かを「勇気づけられる」ようにしたいですね。