意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無駄金」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「無駄金」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「無駄金」という言葉を使った例文や、「無駄金」の類語を紹介して行きます。

無駄金

Meaning-Book
「無駄金」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「無駄金」とは?
  • 「無駄金」を使った例文や短文など
  • 「無駄金」の類語や類義語・言い換え


「無駄金」とは?

「無駄金」という言葉を知っているでしょうか。

「接待したのに、無駄金に終わった」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「無駄金」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「無駄金」という言葉の意味を紹介します。

  • 「無駄金」の読み方
  • 「無駄金」の意味

「無駄金」の読み方

「無駄金」「むだがね」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「無駄金」「むだがね」と読みましょう。

「無駄金」の意味

「無駄金」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「無駄金」には、「使っただけで効果の表れないお金」という意味があります。

「接待したのに無駄金に終わった」という文章には、きちんと接待したのに、仕事などがもらえず、効果の表れない金になったという意味があります。

このように、「無駄金」という言葉には、「使っただけで効果の表れないお金」という意味があります。



「無駄金」を使った例文や短文など

続いて「無駄金」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「無駄金」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「無駄金」を使った例文1
  • 「無駄金」を使った例文2

「無駄金」を使った例文1

「スポーツジムに入会したが、結局通えないため、『無駄金』に終わった」

この例文は、高いお金を支払い、スポーツジムに入会したものの、仕事が忙しくて通えないため、使ったお金が無駄になってしまったという意味があります。

この例文のように、スポーツジムに支払ったお金が「無駄金」になってしまった人は、少なくないでしょう。

「無駄金」を使った例文2

「散々後輩に奢ったが、まるで言うことを聞かないため、『無駄金』と感じる」

この例文に登場する男性は、後輩に事あるごとに奢っていたのに、後輩がまるで感謝しておらず、言うことを聞かないため、「奢ったお金が無駄になった」と感じています。

そもそも、相手に言うことを聞かせようと期待して、ご馳走することが「無駄金」を生むきっかけになっているのかもしれません。

「無駄金」の類語や類義語・言い換え

「無駄金」の類語や類似表現を紹介します。

「無駄金」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「無駄遣い」【むだづかい】
  • 「死に金」【しにがね】

「無駄遣い」【むだづかい】

「無駄遣い」には、「金銭などを、必要のないことや、役に立たないことに使うこと」という意味があります。

「駄菓子屋で無駄遣いする」「若さの無駄遣いをする」などという使い方をします。

「死に金」【しにがね】

「死に金」には「蓄えるばかりで、活用されない金」「使っても効果のない金」という意味があります。

「貯金しているだけでは、『死に金』になる」などという使い方をします。



icon まとめ

「無駄金」という言葉について見てきました。

使っただけで効果が現れないお金だと感じた時、「無駄金」という言葉を使ってみましょう。