意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「死に金」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「死に金」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「死に金」という言葉を使った例文や、「死に金」の類語を紹介して行きます。

死に金

Meaning-Book
「死に金」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「死に金」とは?
  • 「死に金」を使った例文や短文など
  • 「死に金」の類語や類義語・言い換え


「死に金」とは?

少し怖いイメージのある「死に金」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「死に金」の意味と読み方を紹介します。

  • 「死に金」の読み方
  • 「死に金」の意味

「死に金」の読み方

「死に金」「しにがね」と読みます。

「しにきん」と読み間違えないようにしましょう。

「死に金」の意味

「死に金」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「死に金」には、「蓄えるばかりで、まるで活用されない金」という意味があります。

また「使っても効果がなくて、むだになる金」という意味もあります。

このように「死に金」には、「蓄えるばかりで、まるで活用されない金」「使っても効果がなくて、むだになる金」という意味があります。



「死に金」を使った例文や短文など

続いて「死に金」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「死に金」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「死に金」を使った例文1
  • 「死に金」を使った例文2

「死に金」を使った例文1

「タンスの中に札束をしまっていても、『死に金』になる」

この例文は、たとえお金を持っていても、タンスの中に放り込んでおいただけでは、まるで活用されていないという意味があります。

普通預金をすれば、わずかでも利子をもらえるため、「死に金」にはならないかもしれません。

「死に金」を使った例文2

「ヨガ用の服や用具を一式買ったが、一週間でやめたため、『死に金』になった」

この例文は、ヨガを趣味にしようとした人が、マットや服を購入したものの、一週間でヨガをやめてしまったという文章になります。

準備に使ったお金がまるで活かされなかったため、「死に金」になったと嘆いています。

このように、趣味のための初期投資が「死に金」になることは、よくあることではないでしょうか。

「死に金」の類語や類義語・言い換え

次に「死に金」の類語や類似表現を紹介します。

「死に金」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「泡銭」【あぶくぜに】
  • 「無駄金」【むだがね】

「泡銭」【あぶくぜに】

「泡銭」には「苦労せずに得たお金」という意味があります。

仕事以外で儲けたお金を「泡銭」と言い、無駄遣いしてしまうため、「泡銭は身につかない」などと言います。

「無駄金」【むだがね】

「無駄金」には、「使っただけで、見合う効果がないお金」という意味があります。

例えば専門学校に入ったものの、すぐに辞めてしまった場合は、入学金を使っただけで、それに見合う効果を得ていません。

そのため「専門学校の入学金が、無駄金になった」と表現できます。



icon まとめ

「死に金」という言葉について見てきました。

蓄えるだけで、活用されない金について話す時、また使っても効果がなくて、むだになる金について話す時、「死に金」という言葉を使ってみましょう。