意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「騒がしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「騒がしい」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「騒がしい」という言葉の理解を深めていきましょう。

騒がしい

Meaning-Book
「騒がしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「騒がしい」とは?
  • 「騒がしい」の表現の使い方
  • 「騒がしい」を使った例文と意味を解釈
  • 「騒がしい」の類語や類義語


「騒がしい」とは?

「騒がしい」とは大きな声や音が聞こえて、やかましいこと、うるさいこと、また多くの人があれこれと言い立てたり、世の中が穏やかでない状態のことも言います。

  • 「騒がしい」の読み方

「騒がしい」の読み方

「騒がしい」と書いて「さわがしい」と読みます。



「騒がしい」の表現の使い方

「騒がしい」とは、大きな声、音がやかましい時に使う場合は「駅前が騒がしい」「教室が騒がしい」などと言います。

また多くの人があれこれと言い立てることは「ごみ捨てルールを巡って、町内会の連中が騒がしい」という風に使います。

世の中の状況が穏やかでない、騒然としているといった時は「最近世間が騒がしい」などと言います。

「騒がしい」を使った例文と意味を解釈

それでは「騒がしい」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「騒がしい」を使った例文1
  • 「騒がしい」を使った例文2

「騒がしい」を使った例文1

「すぐに文句を言い出す、騒がしい連中だから上手くやるように」

多くの人たちが、あれこれと言うこと、文句を言ったり批判されることを「騒がしい」と言い表します。

「騒がしい」を使った例文2

「どうしたのだろう、あの部屋、かなり騒がしい様子だが」

大きな声がする、物音がしてうるさいといったことを「騒がしい様子」と言います。



「騒がしい」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「騒がしい」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「ざわついている」
  • 「どよめく」
  • 「やかましい」

「ざわついている」

「ざわついている」とは大勢の人が集まってざわざわすることを言います。

また、ちょっとした問題が起こる時も使います。

「教室の後ろで何やらざわついているが、どうしたんだ」「あの家庭、またしてもざわついているけど、今度はどうしたの」などと使います。

「どよめく」

「どよめいている」とは鳴り響いている、響き渡るという意味の他、大勢の人が思わず声を出す、それによって全体が騒がしくなることを言います。

「あまりの素晴らしさにどよめく」「私が自己紹介をすると、なぜかみんながどよめいた」「観客がどよめく」などと使います。

「やかましい」

「やかましい」とは音や声が大き過ぎて不快であることを言います。

また、世間で人々が言い立てているという意味もあります。

「やかましい音が響き渡るので不快だ」「隣の家の男の怒鳴り声がやかましい」「今は世間の声がやかましいから、気をつけなければ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「騒がしい」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。