意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「やかましい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「やかましい」という表現は、それだけ不快に感じた時に使います。

やかましい

Meaning-Book
「やかましい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「やかましい」の意味とは?
  • 「やかましい」の表現の使い方
  • 「やかましい」を使った例文と意味を解釈
  • 「やかましい」の類語や類義語


「やかましい」の意味とは?

「やかましい」とは、雑音などがうるさいと表現する為のです。

この雑音という解釈は、機械から出るそれではなく、自分にとってどうでもいいことや言われるのが不快なことを指します。

その為、不都合なことだけでなく、ズバリとした指摘に対しても使うことがあり、本来はそれが自分の為だった(ありがたい訓告など)としても、そのように表現してしまう場合が少なくありません。



「やかましい」の表現の使い方

「やかましい」の表現の使い方を紹介します。

自分にとって本当に余計なことに対して使うのが本来だと言える言葉ですが、先のようにズバリとした指摘などが癇に触ったような時にもつい使ってしまう(出てしまう)言葉です。

言葉自体が大雑把で、使い方によっては人を威圧よる表現ともとられてしまう為、友人間などでラフに使う為の言葉となっています。

間違っても上司や目上の人に使うべきではありません。

「やかましい」を使った例文と意味を解釈

「やかましい」を使った例文と、その意味の解釈です。

雑に使われることがほとんどな言葉の為、それほど深く意味を考えず、「うるさい」の意味が強くなったものだという解釈でも構いません。

  • 「やかましい」を使った例文1
  • 「やかましい」を使った例文2

「やかましい」を使った例文1

「そんなにやかましいことばかり言うな」

あれこれとうるさいいと言っている使い方になります。

内容がどうであれ、うるさいと感じることばかり言われたような時にこのように用いられます。

ただし、この言葉を使うと、いわゆる「口が悪い」と思われてしまうことが多い為、使い方には注意が必要になります。

どのような場合でも、決して多用するべきではありません。

「やかましい」を使った例文2

「世間がやかましいが、そんなことは気にしていられない」

このように使うと、あれこれとあることないことを言われているという表現になります。

そして、そのほとんどが雑音と言える内容である為、気にすることもないと使っています。



「やかましい」の類語や類義語

「やかましい」の類語や類義語を紹介します。

少々ニュアンスが異なりますが、同様の意味で使えることもある言葉です。

  • 「騒がしい」【さわがしい】

「騒がしい」【さわがしい】

こちらは、本当に意味での雑音などがうるさいと感じた時に使う表現です。

選挙期間が始まると、街宣車であちこちが騒がしい」のような使い方になり、人にあれこれと言われたような場合に使う言葉ではありませんが、例文で挙げた「世間がやかましい」は、この言葉を使って「世間が騒がしい」としても同じ意味になります。

このような特定の場合のみ、置き換え表現にもなる言葉です。

icon まとめ

「やかましい」は、気心の知れた仲で使う分には何も問題になるようなことはありませんが、使う相手には注意しなくてはいけない言葉だと覚えておいてください。