意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ゲソ痕」とは?!意味や解説

「ゲソ痕」という言葉の意味を紹介します。

また「ゲソ痕」を使った例文を紹介して行きます。

ゲソ痕

Meaning-Book
「ゲソ痕」とは?!意味や解説>


目次

  • 「ゲソ痕」とは?
  • 「ゲソ痕」を使った例文


「ゲソ痕」とは?

「ゲソ痕」という言葉を知っているでしょうか。

「ゲソ痕を調べる」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「ゲソ痕」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「ゲソ痕」の意味を紹介して行きます。

  • 「ゲソ痕」の読み方
  • 「ゲソ痕」の意味

「ゲソ痕」の読み方

「ゲソ痕」「げそこん」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「ゲソ痕」「げそこん」と読みましょう。

「ゲソ痕」の意味

「ゲソ痕」という言葉の意味を紹介します。

「ゲソ痕」には「足跡」という意味があります。

警察などが使う言葉で、「ゲソ痕」を調べるには「足跡を調べる」という意味があります。

このように「ゲソ痕」という言葉には「足跡」という意味があります。



「ゲソ痕」を使った例文

「ゲソ痕」という言葉を使った例文を紹介します。

「ゲソ痕」を使った文章はどのような文章ンあるでしょうか。

  • 「ゲソ痕」を使った例文1
  • 「ゲソ痕」を使った例文2

「ゲソ痕」を使った例文1

「鑑識が『ゲソ痕』から、犯人の人数を割り出す」

この例文は、警察の鑑識係が、足跡の種類を調べて、犯人の人数を割り出している場面になります。

このように「足跡」「ゲソ痕」と呼びます。

「ゲソ痕」を使った例文2

「『ゲソ痕』の後を追い、犯人を捕まえる」

雪の上や泥の上には、犯人の足跡が残っているかもしれません。

このように、「ゲソ痕」は、犯人逮捕の重要な手掛かりになるでしょう。

icon まとめ

「ゲソ痕」という言葉について見てきました。

足跡を他の言葉に言い換えたい時、「ゲソ痕」という言葉を使ってみましょう。