意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「爆益」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「爆益」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「爆益」という言葉を使った例文や、「爆益」の類語を紹介して行きます。

爆益

Meaning-Book
「爆益」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「爆益」とは?
  • 「爆益」を使った例文や短文など
  • 「爆益」の類語や類義語・言い換え


「爆益」とは?

「爆益」という言葉を知っているでしょうか。

「株で爆益を手にした」という人がいるかもしれません。

一方で、「爆益」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「爆益」という言葉の意味を紹介します。

  • 「爆益」の読み方
  • 「爆益」の意味

「爆益」の読み方

「爆益」「ばくえき」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「爆益」「ばくえき」と読みましょう。

「爆益」の意味

「爆益」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「爆益」には、「爆発的な利益」「非常に大きな利益」という意味があります。

「株で爆益を手にした」という文章には、株取引を通じて、非常に大きな利益を得たという意味があります。

このように、「爆益」という言葉には、「爆発的な利益」「非常に大きな利益」という意味があります。



「爆益」を使った例文や短文など

続いて「爆益」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「爆益」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「爆益」を使った例文1
  • 「爆益」を使った例文2

「爆益」を使った例文1

「『爆益』を狙って、ハイリスクな銘柄を購入する」

この例文は、株取引で、非常に大きな利益を手にするために、損失の危険が大きな銘柄を購入するという意味があります。

大きく値下がりしたり、値上がりするような状況を繰り返している銘柄は、「爆益」も狙えますが、大きな損失を生むリスクもあります。

「爆益」を使った例文2

「『爆益』を手にしたため、銀座に豪遊に行く」

この例文は、株取引などで、大きな利益を手にした人が、銀座の飲食店やクラブ、宝石店などに出向いて、お金を大量に使おうとしている場面になります。

一日で数千万円の利益を上げるなど「爆益」があれば、豪遊したい気持ちになるかもしれません。

「爆益」の類語や類義語・言い換え

「爆益」の類語や類似表現を紹介します。

「爆益」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ハイリターン」
  • 「ストップ高」【すとっぷだか】

「ハイリターン」

「ハイリターン」には、「投資に対して、高い収益が期待できること」という意味があります。

また同時に損失の危険が大きい時は、「ハイリスクハイリターン」と呼ばれます。

「ストップ高」【すとっぷだか】

「ストップ高」には「その日の値幅制限のいっぱいまで株価が上昇すること」という意味があります。

銘柄の企業に明るいニュースがあると、「ストップ高」になることがあります。



icon まとめ

「爆益」という言葉について見てきました。

投資などで、非常に大きな利益を上げた時、「爆益」という言葉を使ってみましょう。