意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「新鮮」とは?意味や使い方!例文や解釈

「新鮮」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「新鮮」という言葉を使った例文や、「新鮮」の類語を紹介して行きます。

新鮮

Meaning-Book
「新鮮」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「新鮮」とは?
  • 「新鮮」の英語と解釈
  • 「新鮮」の表現の使い方
  • 「新鮮」を使った例文や短文など
  • 「新鮮」の類語や類義語・言い換え
  • 「新鮮」の反対語


「新鮮」とは?

「新鮮」という言葉を知っているでしょうか。

「新鮮な魚を食べる」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「新鮮」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「新鮮」という言葉の意味を紹介します。

  • 「新鮮」の読み方
  • 「新鮮」の意味

「新鮮」の読み方

「新鮮」「しんせん」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「新鮮」「しんせん」と読みましょう。

「新鮮」の意味

「新鮮」という言葉の意味を紹介します。

「新鮮」には、「魚や野菜などが、真新しくて生きがいい」という意味があります。

「新鮮な魚を食べる」という言葉には、真新しくて生きがいい魚を食べるという意味があります。

また「新鮮」には「汚れがないこと」「今までにない新しさがあること」という意味があります。

「新鮮な出来事」という言葉には、今までにない新しい感じがある出来事という意味があります。

このように、「新鮮」という言葉には、「魚や野菜などが、真新しくて生きがいい」「汚れがないこと」「今までにない新しさがあること」という意味があります。



「新鮮」の英語と解釈

次に「新鮮」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「新鮮」は英語で、“fresh”(フレッシュ)になります。

“fresh”には「新鮮な」「加工ではない」などの意味があります。

また“new”(ニュー)という言葉にも、「新鮮」「新しい」という意味があります。

このように「新鮮」という言葉を英語にする時は、“fresh”“new”という英語を使ってみましょう。

「新鮮」の表現の使い方

「新鮮」という言葉はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「新鮮」には、野菜や魚が真新しく生きがいいという意味があるため、スーパーなどに行った時、真新しい野菜を見た時、生きが良さそうに見える魚を見た時に、「新鮮なトマト」「新鮮なイカ」などと言ってみましょう。

また「新鮮」には、今までにない新しさがあることという意味があるため、これまで感じたことがない体験などをした時に、「新鮮な体験」など、「新鮮」という言葉を使ってみましょう。



「新鮮」を使った例文や短文など

続いて「新鮮」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「新鮮」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「新鮮」を使った例文1
  • 「新鮮」を使った例文2

「新鮮」を使った例文1

「釣りたての魚は『新鮮』で、刺身にすると、とても美味しい」

この例文は、釣ったばかりの魚は、生きがいいため、刺身にすると美味しいと感じている人についての文章になります。

海釣りなどをすると、船の上で釣ったばかりの魚をさばき、刺身にして食べられるかもしれません。

そのような刺身は「新鮮」のため、とても美味しいかもしれません。

「新鮮」を使った例文2

「まるで知らない人たちとお酒を飲むのは、『新鮮』に感じた」

この例文は、飛び込みで居酒屋などに入り、知らない人と話しながら、お酒を飲んだ人の感想を文章にしたものです。

仲のいい友達ではなく、お店で会ったばかりの人とお酒を飲む体験は、これまでに経験したことがない人にとっては、「新鮮」なのではないでしょうか。

予定調和な飲み会にならないため、今までにない新しい楽しみがあるかもしれません。

「新鮮」の類語や類義語・言い換え

「新鮮」の類語や類似表現を紹介します。

「新鮮」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「真新しい」【まあたらしい】
  • 「ニュー」
  • 「生鮮」【せいせん】
  • 「生々しい」【なまなましい】
  • 「瑞々しい」【みずみずしい】

「真新しい」【まあたらしい】

「真新しい」には、「全く新しい」という意味があります。

例えばタオルを購入し、初めて使う時は、「真新しいタオル」などと言います。

「真新しい服」「真新しい店」などという使い方をします。

「ニュー」

「ニュー」には、「新しいこと」という意味があります。

「おニューの服を着る」という言葉には、新しい服を着るという意味があります。

「生鮮」【せいせん】

「生鮮」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「生鮮」には、「食品が新しくて、生きがいい」という意味があります。

「生鮮食品」という言葉には、新しくて生きがいい食品という意味があります。

「生々しい」【なまなましい】

「生々しい」には、「非常に新しく、生き生きした様子」という意味があります。

「生々しい記憶」という言葉には、非常に新しく、生き生きした記憶という意味があります。

「瑞々しい」【みずみずしい】

「瑞々しい」という言葉には、「新鮮で生気がある様子」という意味があります。

「瑞々しい野菜」には、「新鮮で生気がある野菜」という意味があります。

「新鮮」の反対語

最後に「新鮮」の反対語を紹介します。

「新鮮」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「古い」【ふるい】
  • 「古臭い」【ふるくさい】
  • 「古めかしい」【ふるめかしい】

「古い」【ふるい】

「古い」という言葉には、「日が経って古びている」という意味があります。

「古い家」という言葉には、新築時から日が経って、古びている家という意味があります。

「古臭い」【ふるくさい】

「古臭い」という言葉には、「古びている」「酷く古い」という意味があります。

「古臭い服」には「古びている服」という意味があります。

「古臭い時代」「古臭い様子の人」などという使い方をします。

「古めかしい」【ふるめかしい】

「古めかしい」には、「いかにも古い」という意味があります。

「古めかしい屋敷」「古めかしい街」などという使い方をします。

icon まとめ

「新鮮」という言葉について見てきました。

野菜や魚の真新しく、生きがいいと感じた時、汚れがない様子の物を見た時、今までにない新しさを感じた時に、「新鮮」という言葉を使ってみましょう。