意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「生鮮」とは?意味や使い方!例文や解釈

「生鮮」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「生鮮」という言葉の理解を深めていきましょう。

生鮮

Meaning-Book
「生鮮」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「生鮮」とは?
  • 「生鮮」の表現の使い方
  • 「生鮮」を使った言葉と意味を解釈
  • 「生鮮」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「生鮮」の反対語
  • 「生鮮」の類語や類義語・言い換え
  • 「生鮮」の英語と解釈


「生鮮」とは?

「生鮮」とは肉や野菜が新しくて活き活きしていることを言います。

  • 「生鮮」の読み方

「生鮮」の読み方

「生鮮」とは「せいせん」と読みます。



「生鮮」の表現の使い方

「生鮮」とは肉、野菜に対して使う言葉となります。

新しいもの、活き活きしているものといった意味になります。

「生鮮食品はまとめ買いはあまりしないようにしている」「あのお店は薬局だけど、今は生鮮も扱っているのよ」などと使います。

「生鮮」を使った言葉と意味を解釈

「生鮮」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「生鮮食料品」
  • 「生鮮コーナー」
  • 「生鮮な野菜」

「生鮮食料品」

「生鮮食料品」とは、肉、野菜など特に新鮮であることを必要とする食品のことを言います。

一般的に、加工食品のことは含みません。

青果、鮮魚、精肉のことを「生鮮三品」とも言います。

「生鮮食料品の種類が多い店の方がいい」「生鮮食料品はまとめて買わずに、必要な時にその都度買うようにしている」などと使います。

「生鮮コーナー」

「生鮮コーナー」とはスーパーなどで、肉、魚、野菜などを売っているコーナーのことを言います。

「夕方になると生鮮コーナーで値下げシールを貼り始める」「生鮮コーナーで試食販売をしている」などと使います。

「生鮮な野菜」

「生鮮な野菜」とは取れたての野菜、新しい野菜、みずみずしい野菜のことを言います。

「あのカフェは、産地にこだわった生鮮な野菜で作るジュースが話題になっている」「いつでも生鮮な野菜が手に入るのは嬉しい」などと使います。



「生鮮」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「生鮮」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「生鮮」を使った例文1
  • 「生鮮」を使った例文2

「生鮮」を使った例文1

「あのスーパーは生鮮食品が充実しているから行ってみてごらん」

スーパーは「生鮮食料品」の品揃えがいいお店、それほどでもないお店とあります。

少々値段が高めではありますが「生鮮食品」の種類が豊富なスーパーは選ぶ側からすれば嬉しいものです。

「生鮮」を使った例文2

「毎日、生鮮な野菜と果物でジュースを作って飲むようにしている」

取れたて、みずみずしい、新鮮な野菜や果物のことを「生鮮」という言葉で言い表しています。

野菜も果物もある程度の日持ちはしますし、バナナなどある日数かけて熟させたものが美味しいという場合もあります。

しかしほとんどは新鮮なものの方が望ましいでしょう。

特に葉物野菜などは日数が経ちますとしなびてしまいます。

「生鮮」の反対語

「生鮮」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「加工食品」【かこうしょくひん】
  • 「乾物」【かんぶつ】

「加工食品」【かこうしょくひん】

「加工食品」とは食品の保存性や栄養価を高めることを目的として作られたものを言います。

それに対して添加物を加えず自然のままの食品のことを「自然食品」と言います。

「乾物」【かんぶつ】

「乾物」とは魚類、野菜などを乾燥、加工したものを言います。

貯蔵に便利にしたもので、例えば、干し魚、昆布、ドライフルーツといったものがあります。

干物とも言います。

「生鮮」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「生鮮」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「新鮮」【しんせん】
  • 「取れたて」【とれたて】
  • 「活きのいい」【いきのいい】
  • 「みずみずしい」
  • 「フレッシュ」

「新鮮」【しんせん】

「新鮮」とは魚、野菜、果物、肉などが、新しいもの、活き活きとしているものを言います。

「新鮮な魚介類が豊富なお店」「新鮮な野菜は生で食べたい」「新鮮なイチゴ」などと使います。

「取れたて」【とれたて】

「取れたて」とは魚、野菜、果物などが取れたばかりであることを言います。

「取れたてのトマトを朝市で売ってくる」「これは家庭菜園で取れたてのキュウリです」「市場で取れたての野菜を仕入れている」などと使います。

「活きのいい」【いきのいい】

「活きのいい」とは新鮮で、生気のあふれている様子を言います。

「活きのいい魚」という風に使います。

「みずみずしい」

「みずみずしい」とはつやがあって、若々しい、つやつやと輝いている、若々しくて新鮮であるという意味があります。

「みずみずしい肌を目指してケアする」「みずみずしい果物をプレゼントする」「みずみずしい果実」などと使います。

「フレッシュ」

「フレッシュ」とは新鮮であるという意味になります。

「フレッシュな野菜ジュースで健康に気を使う」「フレッシュなものを積極的に摂取したい」「フレッシュなレタスをサンドイッチに使う」という風に使います。

「生鮮」の英語と解釈

「生鮮」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“fresh”という単語を使います。

他には“fresh food”(新鮮な食品)、“perishable food”“perishables”(傷みやすい食品)などと言います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「生鮮」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。