意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「新鮮さを感じる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話で「新鮮さを感じる」という言葉を使うことがありますが、一体どの様な意味があるのでしょか。

類語や例文なども併せて詳しく紹介します。

新鮮さを感じる

Meaning-Book
「新鮮さを感じる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「新鮮さを感じる」とは?
  • 「新鮮さを感じる」の表現の使い方
  • 「新鮮さを感じる」を使った例文と意味を解釈
  • 「新鮮さを感じる」の類語や類義語


「新鮮さを感じる」とは?

「新鮮さを感じる」の概要について紹介します。

  • 「新鮮さを感じる」の読み方
  • 「新鮮さを感じる」の意味
  • 「新鮮さを感じる」の言葉の成り立ち

「新鮮さを感じる」の読み方

「新鮮さを感じる」「しんせんさをかんじる」と読みます。

特に難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「新鮮さを感じる」の意味

「新鮮さを感じる」の意味は「今までになくいきいきとしている様子が伝わること」です。

その状態に慣れていて「それで当たり前」と思っている時に、今迄とは全く違うものを見たり、雰囲気になった時に「今までと違っていて好ましい」と思うことがあります。

この時の気持を「新鮮さを感じる」と言うのです。

「新鮮さを感じる」の言葉の成り立ち

「新鮮さを感じる」「新鮮さ+を(助詞)+感じる」で成り立っています。

「新鮮さ」は、形容動詞の「新鮮だ」の体言形で、意味は「食材が新しくていきいきとしていること」「すがすがしく澄み切っていること」「今までにない新しさがあること」という意味です。

「感じる」「感覚器官による反応」という意味の他に「ある気持ちが生じること」「心を動かされること」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり「今までにない新しさに心を動かされること」という意味で使われる様になりました。



「新鮮さを感じる」の表現の使い方

「新鮮さを感じる」が使われるシーンを紹介します。

  • 新入社員に対して
  • 生鮮市場で

新入社員に対して

新入社員が入って来た時に、明るくはきはきとして、どんなことにも目を見開いて一生懸命覚えようとする態度に対して「新鮮さを感じる」と使います。

生鮮市場で

生鮮市場でスーパーにある食材よりもいきいきとして鮮度が良いものを見た時に「新鮮さを感じる」と使います。

「新鮮さを感じる」を使った例文と意味を解釈

「新鮮さを感じる」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「新鮮さを感じる」を使った例文1
  • 「新鮮さを感じる」を使った例文2

「新鮮さを感じる」を使った例文1

「この商品には他にない新鮮さを感じる」

新しく発売された商品が、他のモデルよりもデザインや機能的に斬新であることを表しています。

「新鮮さを感じる」を使った例文2

「新人のプレゼンには新鮮さを感じる」

新入社員に初めてプレゼンをさせたところ、初々しいだけではなく目の付け所も良いなど、好感触を持ったことを表しています。



「新鮮さを感じる」の類語や類義語

「新鮮さを感じる」の類語を紹介します。

  • 「目新しさがある」【めあたらしさがある】
  • 「みずみずしさがある」

「目新しさがある」【めあたらしさがある】

「今までに見たことがなく、興味を引くようなものを感じる」という意味です。

「みずみずしさがある」

「つやつやとしていて新鮮な状態である」という意味です。

icon まとめ

「新鮮さを感じる」「今までになくいきいきとしている様子が伝わること」という意味です。

目新しさに感心した時に使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。