意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「安全」とは?意味や使い方!例文や解釈

「安全」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「安全」という言葉を使った例文や、「安全」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「安全」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「安全」とは?
  • 「安全」の英語と解釈
  • 「安全」の表現の使い方
  • 「安全」を使った例文や短文など
  • 「安全」の類語や類義語・言い換え
  • 「安全」の反対語


「安全」とは?

「安全」という言葉を知っているでしょうか。

「この街は安全だ」などという、言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「安全」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「安全」という言葉の意味を紹介します。

  • 「安全」の読み方
  • 「安全」の意味

「安全」の読み方

「安全」「あんぜん」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「安全」「あんぜん」と読みましょう。

「安全」の意味

「安全」という言葉の意味を紹介します。

「安全」には、「危なくない様子」という意味があります。

「安全な街」という言葉には、「危なくない様子の街」という意味があり、治安が悪くない街という意味になります。

このように「安全」という言葉には、「危なくない様子」という意味があります。



「安全」の英語と解釈

次に「安全」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「安全」は英語で、“safety”(セーフティ)になります。

“safety”という英語には、「安全」という意味があります。

このように、「安全」という言葉を英語にしたい時は、“safety”という言葉を使ってみましょう。

「安全」の表現の使い方

「安全」という言葉はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「安全」には「危なくない様子」という意味があります。

そこで、様々な場面で、危なくないと感じた時に、「安全」という言葉を使ってみましょう。

例えば海外旅行に行った時に、危なくない様子の国だと思ったら、「安全な国」と言います。

またバイトを始めてみて、危険な様子がないと思ったら、「安全なバイト」として、友達などに紹介してみましょう。

このように「危なくない」と感じた時に「安全」という言葉を使いましょう。



「安全」を使った例文や短文など

続いて「安全」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「安全」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「安全」を使った例文1
  • 「安全」を使った例文2

「安全」を使った例文1

「事故が怖いため、「安全」を第一に考えて、運転する」

この例文は、事故のリスクを避けるため、危なくないことを最優先して自動車を運転するという意味があります。

このように、危なくないこと、危険を避けることを最優先することを、「安全第一」と表現します。

「安全」を使った例文2

「子供を育てるなら、『安全』なエリアがいい」

この例文は、子育てをするための街は、危なげない様子の場所がいいという意味があります。

街によって治安の悪さがあり、事故が起こりやすいエリアもあります。

危なげないエリアは「安全なエリア」「安全な場所」などと呼ばれ、子育てを考えている夫婦が住みたい街の要素の一つになります。

「安全」の類語や類義語・言い換え

「安全」の類語や類似表現を紹介します。

「安全」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「万全」【ばんぜん】
  • 「無事」【ぶじ】
  • 「大丈夫」【だいじょうぶ】
  • 「堅実」【けんじつ】
  • 「無難」【ぶなん】

「万全」【ばんぜん】

「万全」という言葉には、「あらゆる点で安全なこと」という意味があります。

「仕事の準備は万全です」という時は、仕事の準備がしっかりできていて、あらゆるリスクを排除したという意味があります。

「万全の態勢」「万全の備え」などという使い方をします。

「無事」【ぶじ】

「無事」という言葉には、「何事もないこと」という意味があります。

悪いことや危険なことがない時に、「無事」と言います。

「無事に仕事が終わった」「無事に家に到着した」などという使い方をします。

「大丈夫」【だいじょうぶ】

「大丈夫」という言葉には、「確かで危なげないこと」という意味があります。

「彼は体力があるから、引越しのバイトをしても大丈夫」という文章には、この男性なら引越しという体力勝負の仕事をしても、確かで危なげないという意味があります。

「堅実」【けんじつ】

「堅実」という言葉には、「危なげないこと」という意味があります。

例えば「堅実な経営」という言葉があります。

危なげな経営をしないため、倒産するリスクを感じないという意味があります。

「堅実な人柄」「堅実な社風」などという使い方をします。

「無難」【ぶなん】

「無難」という言葉には、「ともかく安全であること」という意味があります。

例えば、「いつも行っている、ラーメン屋なら無難だよね」などと言います。

味を知っているお店なので、とてもまずいというリスクがなく安全だという意味があります。

「安全」の反対語

最後に「安全」の反対語を紹介します。

「安全」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「危険」【きけん】
  • 「危ない」【あぶない】
  • 「やばい」

「危険」【きけん】

「危険」という言葉には、「危ないこと」という意味があります。

「身の危険を感じる」という言葉には、自分に危ない出来事が襲い掛かってきそうだと感じているという意味があります。

例えばストーカーに狙われていたり、事故が起こりそうな場所を運転中なのかもしれません。

「危険を避ける」「危険に備える」などという使い方をします。

「危ない」【あぶない】

「危ない」という言葉には、「危害が加わりそうではらはらする様子」という意味があります。

例えば、信号が黄色になっているのに、歩道を横断しようとする人を見ると「危ない」と感じます。

これは、その人が車に轢かれてしまうのではないかと、ハラハラするためです。

「やばい」

「やばい」には、「危険だ」という意味があります。

「あいつはやばい」という時は、「あいつは危険だ」という意味があります。

「やばい仕事」「やばい暑さ」などという使い方をします。

icon まとめ

「安全」という言葉について見てきました。

危なくない様子を見た時に、「安全」という言葉を使ってみましょう。