意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「安全マージン」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

日本は何事においても、安全を優先にした慣習なり、文化があります。

それはビジネスの世界でも、モノ作りをしているメーカーから、建設業・流通業・物流業とあらゆる業界で安全重視の取り組みをしています。

その時に、「安全マージン」という言葉が出てくることがあります。

安全マージン

Meaning-Book
「安全マージン」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「安全マージン」の意味とは?
  • 「安全マージン」の言い換え
  • 「安全マージン」の類語
  • 「安全マージン」の使い方
  • 「安全マージン」を使った例文
  • 「安全マージン」を分解して解釈
  • 「マージン」を使ったその他の言葉


「安全マージン」の意味とは?

バイク好きな人なら、公道や峠を攻める時に、転倒者が出てしまうと、必ずと言っていいほど聞こえてくるのが、「安全マージン」という言葉かもしれません。

「安全マージン」とは、「安全性を確保するために持たされている余裕やゆとりのこと」を指しています。

車やバイクでは、運転中の不意のアクシデントに備えて、車間距離余裕を持たせたり、スピードを抑えたりするようなドライビング・ライディングも「安全マージン」と呼んでいます。

  • 広義の「安全マージン」の意味
  • 「安全マージン」の読み方

広義の「安全マージン」の意味

また、安全を確保する際の余裕の「安全マージン」「あそびを持たせている」ともいうことがあります。

特に、製造業などの自動車メーカーでは、車の部品の耐久性や安全性を確保するために、多少の重量やキャパオーバーを認めてでも、強度に余裕を持たせています。

ことのことから、車の運転中での突発的なアクシデントに備えて、スピードを落としたり、車間距離を取ることも、広い意味での「安全マージン」と理解できるわけです。

その一方で、ドライビングや車の「安全マージン」をギリギリまで削ぎ落として、速さを追求するのが、レースの世界かもしれません。

普通に運転するドライバーにおいては、スピードを抑えたり、車間距離を取り一定間隔を保つことは、事故防止のための「安全マージンを確保する」という考え方になってくるのですが、レースの世界は、「安全マージン」を削ることで、少しでもタイムを縮めることを大前提にしているのですからその緊迫感は、一言では語り尽くすことはできないでしょう。

「安全マージン」の読み方

「安全マージン」は、「あんぜんまーじん」と読みます。



「安全マージン」の言い換え

では、「安全マージン」を他の言葉で、言い換えることは可能なのでしょうか? と言うのも、普段の会話の中で、よく使う言葉とは言えないからです。

メーカーや特殊な職種に就いている人であれば、独断、難しい話ではないのですが、 一般的な場合では、「安全にゆとりを持たせるなどの見解を持つ人が少ない」ために、この言葉を他の表現に置き換えするなら、次のような言葉になるのではないでしょうか?

「安全マージン」の類語

「安全マージン」を他の言葉で、置き換えた場合の表現です。

  • 「安全余裕度」
  • 「セキュリティ余地」

「安全余裕度」

「安全自由度」という言葉は、きちんと確立されたものではありません。

したがって、「安全マージン」という言葉の意味を知っている人なら、何となく「安全自由度」の意味も理解してくれることでしょう。

「安全に対して、どこまでのあそびがあるか?」

「どれだけのゆとりがあるか?」

そんな意味で理解できることでしょう。

「セキュリティ余地」

「セキュリティ余地」も、常に使われるような言葉ではありません。

この言葉の意味は、「どこまでセキュリティのレベルを保てるか、余地を残しておく」時に、使いたくなる言葉でしょう。



「安全マージン」の使い方

「安全マージン」を使うとするなら、「ライバルの動向把握も含めたレース展開を考えて、安全マージンを一定ばかり確保するものの、必要に応じてペースを上げるようなレース展開をすることで、周りからは、天才の魔術師と呼ばれるほどになった」

ちょっと珍しい使い方ですが、このように 安全マージンの使い方をさりげなく紹介したような言い回しかもしれません。

「安全マージン」を使った例文

では、もう少し例文を見ていくことにします。

  • 「安全マージン」の例文1
  • 「安全マージン」の例文2
  • 「安全マージン」の例文3

「安全マージン」の例文1

「産業界では、リアルタイム性を厳しく追及されない業務システムでは、全体の実測については、安全マージンを加えるという手法が採用られてきたのです」

意外にも、業務システムの中で、このようなゆとりを持たせているシステム設計は、結構あるものです。

あまりギリギリの設計だと業務に、ゆとりが持たせることができなくなってしまいます。

「安全マージン」の例文2

「人手による解析では、ハードウェアの複雑化が問題となってきており、安全マージンの設定レベルがとても難しくなるのです」

これも、業務に関することで、とても難しい一面を示しています。

解析業務については、どれ程の許容範囲で、誤差を認めるのか、とてもシビアな検討になってくるのです。

「安全マージン」の例文3

「ブーストコントローラーは、エンジンや、過給器のカードの設定に必要な安全マージンを一切考慮していないので、とても危険な装置であることを常に念頭にいれておかなければなりません」

このようなコントローラーは、マシンを強化する機器ですが、機能を高める一方で安全性を無視した設計となっているので、常にリスクが伴って来るのです。

「安全マージン」を分解して解釈

  • 「安全」
  • 「マージン」

「安全」

「安全」は、ビジネスの世界だけでなく、私達の日常生活の中でも、頻繁に使われる言葉です。

元々は、「危険や災害などによって、損なうリスクがない安らかな状態」のことを指しています。

しかし、現代社会においては、社会環境が複雑化して、予測困難な危険性があらゆるところに隠れており、安全性を高める行動の目標として、個人だけでなく、企業レベルも重要な取組テーマとしています。

危険の予知・予測・想定・危険要因分析・ 対策などのことも、広い意味での「安全」ということにつながって行くのです。

「マージン」

「マージン」とは、実に様々な意味を持っています。

「へり」「ふち」「本などの印刷部分の周囲の余白」「欄外」「差金」「儲け」「利ざや・利益」「手数料」「証拠金」とかなりの解釈ができる言葉なのです。

ビジネスにおける「マージン」と言えば、「手数料」「利益」のことを言っていることが多いのですが、「安全マージンを取って作っている」という使い方では、「手数料」の意味として解釈するのではなく、「余白」のことで理解すべきです。

まだ、はみ出しても、余裕が残っているという意味で捉えるべきでしょう。

「マージン」を使ったその他の言葉

では、マージンを使ったその他のケースを見てましょう。

  • 「マージンに幅を持たせる」
  • 「安全マージンをシビアに見る」

「マージンに幅を持たせる」

「もっとマージンに幅を持たせて設計しよう」

「前の機種よりマージンに幅が持たせれあるから、大丈夫だよ」

このように「幅を持たせる」という表現があります。

この時の「幅」とは、「ゆとり」「あそび」のことをあっており、「マージン」が広いのであれば、それだけ受け皿が大きくて、大丈夫だということにもなります。

「安全マージンをシビアに見る」

「マシンはかなり信頼性が高いから、もう少し、安全マージンをシビアに見てもいいだろう」

この時の「シビア」とは、「きつめに見ておく」という理解ができます。

前項の「幅を持たせる」という内容とは反対の意味で、「幅を狭くして見ておく」という意味で理解することができるでしょう。

icon まとめ

「安全マージン」という言葉が、一般的にはメジャーな用語ではないかもしれません。

しかし、仕事に携わる人達は、このような言葉の意味や定義を知らなくても、意識することなく、「安全マージン」を考慮した仕事をしているはずです。

メーカーで働いている人であれば、設計から製造の過程で必ず「安全マージン」があります。

オフィスで働く人でも、締め切り期日に「安全マージン」を設定して仕事に携わっているはずです。

そのことから、言葉以上に「安全マージン」の考え方は、あらゆる分野で浸透しているのです。