意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「愛護」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「愛護」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「愛護」という言葉の理解を深めていきましょう。

愛護

Meaning-Book
「愛護」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「愛護」とは?
  • 「愛護」の表現の使い方
  • 「愛護」を使った例文と意味を解釈
  • 「愛護」の類語や類義語


「愛護」とは?

「愛護」とは可愛がり大事に扱うこと、そのものの良さを損なうことなく保護することを言います。

  • 「愛護」の読み方

「愛護」の読み方

「愛護」とは「あいご」と読みます。



「愛護」の表現の使い方

「愛護」とは可愛がって大事にするという意味があります。

この場合は「動物愛護」という使い方になります。

またそのものの良さを損なうことなく保護するという意味では「自然愛護」「国語愛護」という言葉があります。

「愛護」を使った例文と意味を解釈

それでは「愛護」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「愛護」を使った例文1
  • 「愛護」を使った例文2

「愛護」を使った例文1

「彼女は動物を愛護している優しい人だ」

動物を可愛がり、大事にしていることを「動物愛護」と言います。

自分勝手な思いからではなく、動物のことを心から大事にしている人は優しい人と言えるでしょう。

「愛護」を使った例文2

「みんなが自然愛護についてもっと興味を持ったり、行動してくれたらきっと変わると思う」

自然を壊さず、そのままを保ち、保護することを「自然愛護」と言います。



「愛護」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「愛護」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「愛玩」【あいがん】
  • 「慈しむ」【いつくしむ】
  • 「愛でる」【めでる】
  • 「慕わしい」【したわしい】

「愛玩」【あいがん】

「愛玩」とは大切にして可愛がるという意味があります。

多くは小動物であったり、器物に対して使う言葉です。

「妻が、やけに愛玩動物を欲しがる」「コレクションを愛玩しているだけでなく、仕事にしようかと考えている」などと使います。

「慈しむ」【いつくしむ】

「慈しむ」とは可愛がり、大切にするという意味になります。

「我が子を慈しむのは親として当たり前のこと」「我が子のように慈しむ」などと使います。

「愛でる」【めでる】

「愛でる」とは物の美しさ、素晴らしさを褒めること、可愛がる、いとおしむといった意味があります。

「彼は嬉しそうに猫を愛でるのだった」「花を愛でる心を持ちなさい」「これほどまでに愛でたものは今までにない、これは私の宝物なのです」などと使います。

「慕わしい」【したわしい】

「慕わしい」とは心が惹かれて側に近づきたくなる気持ち、恋しいといった意味があります。

「慕わしく思っている」「これほどまでに慕わしい気持ちになるなんて思ってもいなかった」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「愛護」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「愛護」とは可愛がって大事にすることを言います。

またその良さを損なうことなく保護するという意味もあります。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。