意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「学ぶ」とは?意味や使い方!例文や解釈

「学ぶ」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「学ぶ」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「学ぶ」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「学ぶ」とは?
  • 「学ぶ」の表現の使い方
  • 「学ぶ」を使った言葉と意味を解釈
  • 「学ぶ」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「学ぶ」の反対語
  • 「学ぶ」の類語や類義語・言い換え
  • 「学ぶ」の英語と解釈


「学ぶ」とは?

「学ぶ」とは教えを受けて知識、技芸を身に着ける、勉強する、学問をする、経験を通して知識や知恵を得る、わかるようになるといった複数の意味合いがあります。

  • 「学ぶ」の読み方

「学ぶ」の読み方

「学ぶ」と書いて「まなぶ」と読みます。



「学ぶ」の表現の使い方

「学ぶ」とは教えを受けて知識、技芸を身に着けるという意味では「大学で学ぶ」「刺しゅうを学ぶ」などと使います。

勉強、学問をするという意味では「学校でしっかり学ぶ」「学んでいる最中」という風に使います。

経験をしたことで知識、知恵を得る、わからなかったことがわかるという意味では「この件から私は学んだ」「バイトで接客をすることで、こういう人もいるのだと学ぶことができた」などと使います。

どのような意味合いの「学ぶ」なのかは、会話、文章の流れに注意していれば判断することはそれほど難しいものではないでしょう。

「学ぶ」を使った言葉と意味を解釈

「学ぶ」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「経験から学ぶ」
  • 「ここで学ぶことは沢山ある」
  • 「〇〇を学ぶ」

「経験から学ぶ」

「経験から学ぶ」とは、実際に体を動かしてみること、経験をすることで知識や知恵を得ることを言います。

「こういう時は何もしない方が無難って経験から学んだの」「筋肉痛の時は軽い運動をした方が回復が早いと経験から学ぶ」などと使います。

「ここで学ぶことは沢山ある」

学校、職場など、そこにいることで知識、技芸を身に着けることができる、わかるようになる、経験が糧となるといった時にこのような言い方をします。

学校、職場といった場所はもちろんですが、それ以外も一見遊びのようであったり、もしくは逆に苦しいことが多い場面でも何かを得ることができるものです。

「何もないところに左遷されたが、自分としてはここで学ぶことは沢山あると思っている」「きついバイトだが、ここで学ぶことは沢山あるし、将来的に役に立つはずだ」などと使います。

「〇〇を学ぶ」

「学ぶ」とは教えを受けて知識、技芸を身に着けること、勉強をすることという意味で使います。

「大学で心理学を学ぶ」「先生について手芸を学ぶ」「絵画教室で水彩画を学ぶ」など「〇〇を学ぶ」とは使う機会がとても多い言葉ではないでしょうか。



「学ぶ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「学ぶ」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「学ぶ」を使った例文1
  • 「学ぶ」を使った例文2

「学ぶ」を使った例文1

「本を読むだけが学ぶことじゃないよ、実際に経験することが大事ね」

「学ぶ」とは教えを受ける、勉強するという意味で使うことが多いのですが、他にも経験を通して知識、知恵を得る、わかるという意味があります。

例文のように実際に経験をすることえ得られる、わかるようになることを「学ぶ」と言います。

「学ぶ」を使った例文2

「せっかく学費を払っているのだから、しっかりと学ぶつもりよ」

教えを受けて知識、技芸を身に着けることを「学ぶ」と言います。

「大学で学ぶ」「専門学校で学ぶ」「英語を学ぶ」など使えます。

「しっかりと学ぶ」とは一生懸命身に着ける、頑張るという意味合いになります。

「学ぶ」の反対語

「学ぶ」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「教える」【おしえる】
  • 「教授」【きょうじゅ】

「教える」【おしえる】

「教える」とは知識、技芸を立てる、身に着けさせる、自分の知っていることを相手に告げる、わからせるといったことを言います。

「数学を教える」「私の秘密をあなただけに教えるわ」「花壇にゴミを捨ててはいけないと子どもに教える」などと使います。

「教授」【きょうじゅ】

「教授」とは学問、技芸を伝えて教えることを言います。

「特製カレーの作り方を教授するとしよう」「本場の英会話を教授する」などと使います。

「学ぶ」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「学ぶ」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「習う」【ならう】
  • 「伝授」【でんじゅ】
  • 「教導」【きょうどう】
  • 「教示」【きょうじ】

「習う」【ならう】

「習う」とは知識、技術を他の人から教わることを言います。

「隣の家のお姉さんからピアノを習う」「運転を習う」「習うより慣れよ」などと使います。

「伝授」【でんじゅ】

「伝授」とは伝え教えることを言います。

特に秘伝、秘法を師から弟子に伝える時に使う言葉でもあります。

「奥義を伝授する」「伝授された内容は絶対に秘密である」という風に使います。

「教導」【きょうどう】

「教導」とは人々を教えて導くという意味があります。

「青少年を教導する」という風に使います。

「教示」【きょうじ】

「教示」とは教え示すことを言います。

「ご教示よろしくお願いいたします」「ご教示を賜りたく・・・」などと使います。

「学ぶ」の英語と解釈

「学ぶ」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“learn”(教わって学ぶ)、“take lessons”(個人教授で学ぶ)という単語を使います。

例文は“learn a lesson”(教訓を学ぶ)、“learn study Spanish”(スペイン語を学ぶ)、“It is never too late to learn”(学ぶのに遅すぎるということはない)などとなります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「学ぶ」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。