意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「伝授」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「伝授」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「伝授」という言葉を使った例文や、「伝授」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「伝授」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「伝授」とは?意味
  • 「伝授」の表現の使い方
  • 「伝授」を使った例文や短文など
  • 「伝授」の類語や類義語・言い換え


「伝授」とは?意味

「伝授」には、「伝え授けること」という意味があります。

特に「学問や宗教、芸道などの奥義や秘事を、伝え授けること」という意味があります。

  • 「伝授」の読み方

「伝授」の読み方

「伝授」の読み方は、「でんじゅ」になります。



「伝授」の表現の使い方

「伝授」の表現の使い方を紹介します。

「伝授」には、「伝え授けること」、特に「学問や宗教、芸道などの奥義や秘事を、伝え授けること」という意味があります。

そのため、学問や宗教、芸道などの奥義や秘事を伝え授ける様子に対して、「伝授」という言葉を使ってみましょう。

例えば若手の歌舞伎役者が、先輩役者に、歩き方のコツや発声のコツなどを、レッスンを通じて伝え授けられることがあります。

このような場面で、「若手の歌舞伎役者が、先輩役者に、歩き方のコツを伝授される」などと、「伝授」という言葉を使って状況を説明できます。

「伝授」を使った例文や短文など

「伝授」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「伝授」を使った例文1
  • 「伝授」を使った例文2

「伝授」を使った例文1

「木工職人が、弟子に技術を『伝授』する」

この例文は、木工職人が、弟子に黙考の技術を伝え授ける様子を文章にしたものです。

職人技のような、教科書からでは学べないような繊細な技術は、ワンツーマンで伝え授ける必要があるでしょう。

このように「伝授」には、「教え授ける」という意味があります。

「伝授」を使った例文2

「結婚して嫁いだ夫の家で、姑から家の流儀を『伝授』される」

この例文は、結婚して夫の家に住むことになった嫁が、夫の母から、家の流儀を伝え授けられているという場面になります。

家には家の流儀があり、皿の洗い方から、洗濯や掃除の仕方まで、様々な決まりごとがあります。

このような決まり事を教え授けることを、「伝授」と言います。

新しい流儀は慣れるまで苦労するかもしれませんが、覚えてしまえば、案外やりやすいかもしれません。



「伝授」の類語や類義語・言い換え

「伝授」の類語や類似を紹介します。

  • 「教授」【きょうじゅ】
  • 「授業」【じゅぎょう】

「教授」【きょうじゅ】

「教授」には、「学問や宗教などについて、教え授ける」という意味があります。

また「大学や高校の教員として最高位の人」「教授」と呼ぶことがあります。

「料理のコツを、ご教授いただく」という文章には、「料理のコツを、教え授けてもらう」という意味があります。

「授業」【じゅぎょう】

「授業」には、「教師が諸分野の知識や技能を、生徒に修得させるためにする活動」という意味があります。

「授業中に居眠りをするな」「課外授業を始める」などという使い方をします。

icon まとめ

「伝授」という言葉について見てきました。

伝え授けることについて話す時、特に学問や宗教、芸道などの奥義や秘事を、伝え授けることについて話す時に、「伝授」という言葉を使ってみましょう。