意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「分譲中物件」とは?読み方や「賃貸」との違いなど詳しく解説!

「分譲中物件」は、今正にその最中だという意味で使います。

分譲中物件

Meaning-Book
「分譲中物件」とは?読み方や「賃貸」との違いなど詳しく解説!>


目次

  • 「分譲中物件」とは?
  • 「分譲中物件」の概要


「分譲中物件」とは?

「分譲中物件」とは、「売り出し中の物件」という意味の言葉です。

要は現在その物件が販売中だという意味で、そのような対象に使います。

本来「分譲」とは、分割して譲るという意味の言葉のあるのですが、物件のような不動産が対象になる場合には、販売用だという解釈で構いません。

1-1 「分譲中物件」の読み方

「分譲」は、「ぶんじょう」と読んでください。

上のように「販売用」として使う言葉で、それに対して「賃貸」(ちんたい)が「貸し出し用」となります。

この「分譲中物件」とすることで、販売用だという意味と同時に、今なら購入が可能だという意味も含んでいます。



「分譲中物件」の概要

「分譲中物件」と明記されている物件は、これから新築する予定の物件の予約や、まだ購入の募集が開始されていない物件ではなく、正に販売している最中です。

つまり、基本的に先着順で誰でも(もちろん、購入する為の先立つものがあれば)購入が可能だと表しています。

「分譲中物件」という表現でそのような意味の不動産用語だと覚えてください。

icon まとめ

「分譲中物件」は、一戸建てやマンションの一室などの住宅に対して使われます。

「土地」だけでも立派な物件という扱いですが、その場合には「分譲地」といった言葉を使うことがほとんどで、この言葉ではまず表現しません(共に「分譲中物件」としてしまうと、言葉だけでどちらのことか分かりにくい為です)。