意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「奥ゆかしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「奥ゆかしい」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「奥ゆかしい」という言葉の理解を深めていきましょう。

奥ゆかしい

Meaning-Book
「奥ゆかしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「奥ゆかしい」とは?
  • 「奥ゆかしい」の表現の使い方
  • 「奥ゆかしい」を使った例文と意味を解釈
  • 「奥ゆかしい」の類語や類義語


「奥ゆかしい」とは?

「奥ゆかしい」とは上品で慎み深く心が惹かれること、態度にこまやかさな心配りがある、惹きつけられるといった意味があります。

  • 「奥ゆかしい」の読み方

「奥ゆかしい」の読み方

「奥ゆかしい」とは「奥床しい」とも書きますが「おくゆかしい」と読んでください。



「奥ゆかしい」の表現の使い方

「奥ゆかしい」とは上品な人、慎み深く、心配りができる人に使う言葉です。

「奥ゆかしい態度で好感が持てる」「奥ゆかしい女性で素敵だ」などと使われます。

「奥ゆかしい」を使った例文と意味を解釈

それでは「奥ゆかしい」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「奥ゆかしい」を使った例文1
  • 「奥ゆかしい」を使った例文2

「奥ゆかしい」を使った例文1

「奥ゆかしい人なので、自分からは言ってこないだろう」

上品で慎み深い人、人に対する態度に細やかな心配りがある人というのは「私が、私が」と自己主張は激しくはしないものです。

大人しく目立たない、しかし人を惹きつけるものを持っているという印象なのです。

「奥ゆかしい」を使った例文2

「上品で大人しいデザインで、いかにも奥ゆかしい人が好みそうだ」

「奥ゆかしい人」とは上品で慎み深い、大人しげであるといった印象ですから、上品で大人しいデザインの服などはイメージにぴったりと合い似合うことでしょう。



「奥ゆかしい」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「奥ゆかしい」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「楚々」【そそ】
  • 「慎み深い」【つつしみぶかい】
  • 「しとやか」

「楚々」【そそ】

「楚々」とは清らかで美しい、という意味で使われます。

若く美しい女性を形容する言葉として多く使われています。

「楚々とした女性って素敵だね」「白いワンピースが彼女の楚々としたイメージにぴったりだ」などと使います。

「慎み深い」【つつしみぶかい】

「慎み深い」とは謙虚な気持とが強く控えめであることを言います。

「慎み深い女性」「彼は慎み深い言い方をしたが、もっと自信を持って上から目線でもいいんじゃないかと思った」などと使います。

「しとやか」

「おしとやか」「しとやか」とは話し方、動作が上品であり、落ち着いていることを言います。

女性に対しては褒め言葉としても使えることでしょう。

「奥様は、とてもおしとやかな方ですね」「おしとやかなお嬢さん」「顔はおしとやかに見えたが、しゃべらせると駄目だった」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「奥ゆかしい」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。