意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「敵だらけ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「敵だらけ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「敵だらけ」という言葉を使った例文や、「敵だらけ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「敵だらけ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「敵だらけ」とは?
  • 「敵だらけ」を使った例文や短文など
  • 「敵ばかり」の類語や類義語・言い換え


「敵だらけ」とは?

「敵だらけ」という言葉を知っているでしょうか。

「敵だらけ」と感じる場所に行ったことがあるかもしれません。

今回は「敵だらけ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「敵だらけ」の読み方
  • 「敵だらけ」の意味

「敵だらけ」の読み方

「敵だらけ」「てきだらけ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「敵だらけ」「てきだらけ」と読みましょう。

「敵だらけ」の意味

「敵だらけ」という言葉の意味を紹介します。

「敵だらけ」には「周囲に味方がいなくて敵ばかりいる状態」という意味があります。

例えば、ライバル関係にある会社に一人で乗りこんだら、「敵だらけ」と感じるかもしれません。

このように「敵だらけ」という言葉には、「周囲に味方がいなくて敵ばかりいる状態」という意味があります。



「敵だらけ」を使った例文や短文など

「敵だらけ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「敵だらけ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「敵だらけ」を使った例文1
  • 「敵だらけ」を使った例文2

「敵だらけ」を使った例文1

「アウェーの国に試合に行くと、スタンドが『敵だらけ』と感じる」

サッカーの国際試合を見たことがある人は、この例文のように、スタンドの人全員が敵に見えるかもしれません。

このように、周囲を敵ばかりに囲まれている状況を、「敵だらけ」と言います。

「敵だらけ」を使った例文2

「会社が『敵だらけ』なのは、私に責任があるのかも」

この例文のように、会社に敵が多く、助けてくれる人がいないと感じる人は、自分に責任があるのかもしれません。

自分勝手な態度を取ったり、自己中心的な判断ばかりしていれば、「敵ばかり」になるかもしれません。

「敵ばかり」の類語や類義語・言い換え

「敵ばかり」の類語や類似表現を紹介します。

「敵ばかり」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「四面楚歌」【しめんそか】
  • 「ひとりぼっち」

「四面楚歌」【しめんそか】

「四面楚歌」には「周りを敵や反対者に囲まれていて、助けがない様子」という意味があります。

「項羽と劉邦」で有名な、項羽が置かれた状況が、「四面楚歌」という言葉になっています。

「ひとりぼっち」

「ひとりぼっち」には「一人で孤立していること」という意味があります。

「ひとりぼっちの方が気楽だ」という時は、孤立していても大勢の人といるより気楽だという意味があります。



icon まとめ

「敵だらけ」という言葉について見てきました。

助けてくれる人もおらず、敵ばかりだと感じた時に、「敵だらけ」という言葉を使ってみましょう。