意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「蔑む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

人とのかかわりの中で使われる言葉には様々な種類がありますが、悪い言葉として「蔑むという言葉が使われる場合もあります。

しかしどういう言葉か正しく理解しないままに使っている人も多く、どのような言葉か紹介していきます。

蔑む

Meaning-Book
「蔑む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「蔑む」とは?
  • 「蔑む」の表現の使い方
  • 「蔑む」を使った例文と意味を解釈
  • 「蔑む」の類語や類義語


「蔑む」とは?

「蔑む」という言葉は元々対象となるものの価値を低く見積もり、通常よりも価値が低く劣っているものとして扱うことを意味した言葉です。

多くは人に対して適応されるため、相手のことを見下したり劣っていると認識し、馬鹿にしたり雑に扱うといった意味合いとされています。

しかし実際には対象の価値は低くないことも多く、使い手の主観で左右される言葉でもあり、多くは「あの人は出来ない・ダメ」と悪い評価をするような意味と解釈されます。

  • 「蔑む」の読み方

「蔑む」の読み方

「蔑む」という言葉は「さげすむ」と読みます。

時に「さげしむ」と読む方もいますが、誤訳であり、正しくは「蔑む」となります。



「蔑む」の表現の使い方

「蔑む」という言葉の使い方として多くは人間関係の中で用いられます。

相手のことを低く見たり格下と捉えているような行動をとったときに使われます。

しかし自身に対して使うことは少なく、多くは他者の行動に対して「蔑む」とその様子を表現する時に用いられます。

しかし使われた相手にとってはマイナスイメージを受けてしまいかねないため、使い方や伝わらないような配慮など、注意も必要です。

「蔑む」を使った例文と意味を解釈

「蔑む」という言葉は悪い意味合いで捉えられやすい言葉ですが、いったいどのように用いられるか、例を紹介していきます。

  • 「蔑む」を使った例文1
  • 「蔑む」を使った例文2

「蔑む」を使った例文1

「あの人はいつも何かとマウンティングして周りの人を蔑むから嫌いなんだよね」

この場合、あの人とされる人物の行動に対して用いられています。

普段から周囲と自分をマウンティングして上下関係を作り、自分が上に立っていると思って周りを下に見るような行動撮っています。

その行動を「蔑む」と表現しており、「嫌い」と嫌悪的に思っています。

「蔑む」を使った例文2

「君は何でも自分の思い通りになると思って人を動かそうとするね。そんな風に人を道具みたいに扱って蔑むから誰からも信頼されないじゃないか?」

この場合、君とされる人物に対しての指導の中で用いられています。

人を自分の思い通りに動く道具のように扱っていると周囲に思われており、言動も「蔑む」ようだから誰からも信頼されないと伝えています。



「蔑む」の類語や類義語

「蔑む」という言葉は対人関係の中で用いられやすい言葉ですが、マイナスイメージを含むため、別の表現を用いられる場合もあります。

実際に類語や類義語も多く、どのような言葉があるか紹介していきます。

  • 「侮る」
  • 「見縊る」

「侮る」

「侮る」という言葉は相手のことを軽視することを意味しています。

相手どう認識するかという部分では「蔑む」と同じですが、言動についての意味合いは含まれないため、類語とされています。

「見縊る」

「見縊る」「みくびる」と読み、その意味としては相手のことを大したことはない・甘く見るといった意味となります。

多くの場合は相手の認識を低く見積もり、油断していることを意味するため、類語となります。

icon まとめ

「蔑む」という言葉は人間関係の中で生じてしまう場面は少なからずあります。

しかし使い方次第でトラブルや誤解にもつながりかねないため、使い方に注意しておく必要があります。