意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「インテリジェンス」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「インテリジェンス」とは、「知性・知能・理解力」「情報・諜報活動」を意味する言葉です。

「インテリジェンス」「意味・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「インテリジェンス」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「インテリジェンス」とは?
  • 「インテリジェンス」の表現の使い方
  • 「インテリジェンス」を使った例文と意味を解釈
  • 「インテリジェンス」の類語や類義語


「インテリジェンス」とは?

「インテリジェンス」という表現は、「知性・知能・物事の理解力」を意味しています。

また「インテリジェンス」という言葉は、「情報・情報網・政府機関などの諜報活動(スパイ活動)」も意味しています。



「インテリジェンス」の表現の使い方

「インテリジェンス」の表現の使い方は「ハーバード大にまで留学した彼は、非常にインテリジェンスが高い」というように、「知能・知性が高くて理解力も高い」という意味合いで使用することができます。

また「インテリジェンス」という表現は、「政府・公的機関の情報網・情報戦略・諜報活動(スパイ活動)」といった意味合いで使われることもあります。

「インテリジェンス」を使った例文と意味を解釈

「インテリジェンス」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「インテリジェンス」を使った例文1
  • 「インテリジェンス」を使った例文2

「インテリジェンス」を使った例文1

「先天的なインテリジェンスが極端に高い人が、俗に天才と呼ばれているのです」

この「インテリジェンス」を使った例文は、「先天的な知性・知能のレベルが極端に高い人が、俗に天才と呼ばれている」を意味しています。

「インテリジェンス」を使った例文2

「現代の国家間の対立では、仮想敵国を知り尽くすインテリジェンスを巡る競争・陰謀が激化しています」

この「インテリジェンス」を使った例文は、「現代の国家間の対立では、仮想敵国を知り尽くす情報戦略・諜報活動を巡る競争と陰謀が激化している」を意味しています。



「インテリジェンス」の類語や類義語

「インテリジェンス」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「知性・知能」
  • 「情報・情報戦略・諜報」

「知性・知能」

「インテリジェンス」という表現は、「物事を知的に理解したり分析したりする能力・性能である知性および知能」のことを意味しています。

その意味合いから、「インテリジェンス」という言葉とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「知性・知能」という言葉を上げられるのです。

「情報・情報戦略・諜報」

「インテリジェンス」という表現は、「相手の状況・意図・戦術を理解するために使える情報」「その情報を活用して利益を得ようとする情報戦略・諜報」を意味しています。

「諜報」の意味は、「スパイや盗聴技術などを使い、敵情を密かに探索して味方に知らせること」になります。

それらの意味から、「インテリジェンス」と近しい似た意味を持つ類義語として、「情報・情報戦略・諜報」を指摘できます。

icon まとめ

「インテリジェンス」という言葉について解説しましたが、「インテリジェンス」には「知性・知能・理解力」「情報・諜報活動」の意味があります。

「インテリジェンス」の類語(シソーラス)・類義語としては、「知性・知能」「情報・情報戦略・諜報」などがあります。

「インテリジェンス」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。