意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「怒り」とは?意味や類語!例文と解釈

皆さんは「怒り」という言葉を身近な場面でよく聞くことがあると思います。

この言葉は、人の感情を表した言い方の1つですが、日常生活からビジネスシーンまで、幅広いシチュエーションで使われています。

しかし、じっくりと言葉の意味や使い方を考えずに使っている場合もあるでしょう。

そこで改めて、この言葉について見ていくことにします。

Meaning-Book
「怒り」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「怒り」とは?意味を間違いやすい言葉
  • 「怒り」の英語と解釈
  • 「怒り」の表現の使い方
  • 「怒り」を使った例文と意味を解釈
  • 「怒り」の類語や類義語


「怒り」とは?意味を間違いやすい言葉

「怒り」とは、「怒ること」「腹が立つこと」「憤り(いきどおり)」という意味を持つ言葉です。

この言葉の使い方の1つに「怒り心頭に発する」という言い回しがあります。

「激しく怒ること」という意味になるのですが、巷で「怒り心頭に発する」「怒り心頭に達する」という使い方をしている人が意外に多いので、これは謝った表現となります。

  • 「怒り」の読み方

「怒り」の読み方

「怒り」「いかり」と読みますが、普段から聞き慣れている言葉なので、ここで確認する程度にしておきましょう。



「怒り」の英語と解釈

「怒り」を英語で表現すると、“anger”“ire”“wrath”などの言葉で表現することができます。

「怒り」の表現の使い方

「怒り」「腹が立つ」という意味になりますので、この言葉が当てはまる場面としては、人から文句や嫌がらせを受けた時には感情が昂ってきたことを指して使うことがあります。

また、物事がうまく進まずに気持ちがイライラとしている場合でも使われることもあります。



「怒り」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「怒り」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「怒り」を使った例文1
  • 「怒り」を使った例文2

「怒り」を使った例文1

「彼は物事がうまく進まなくなると、怒りを抑えられなくなるので、周りが迷惑するのです」

物事がうまく円滑に進んでいる時は何事もなかったように笑顔を振り撒いている人でも、ちょっとしたつまづきで、急に感情が「怒り」モードに変わってしまうような人がいます。

このようにすぐに感情が悪い方向に行く人は、周りから煙たがられる存在になってしまいます。

もうそうなれぱ、手の付けようかなくなり、誰も近寄らなくなります。

「怒り」を使った例文2

「まずは、社長の怒りを静めることが先決だ。そうしないと仕事がスムーズに進まなくなる」

この例文のように企業のトップが、すぐに「怒り」を表す人だったなら、とても仕事がやりにくい環境にあるでしょう。

社長など経営側に立つ人は常に冷静でなければ、物事がスムーズに進まなくなってしまいます。

できるだけ「怒り」の念をコントロールできる人が組織のトップに立つべきでしょう。

「怒り」の類語や類義語

「怒り」を他の言葉で表現するなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「立腹」【りっぷく】
  • 「憤慨」(ふんがい)

「立腹」【りっぷく】

「立腹」「怒り」に近い意味を持つ類義語として扱うことができます。

「腹を立てること」という言葉の意味で使われます。

「憤慨」(ふんがい)

「憤慨」という言葉も類義語の1つとして使われることができます。

「ひどく腹を立てること」「けしからぬ事に対して憤り嘆くこと」という解釈ができます。

icon まとめ

「怒り」という言葉の意味・活用事例を紹介してきましたが、この言葉が身近な所で使われているために、特別に意識シテ使っていたのではないかと思われるのです。

「怒り」を持った相手とは、冷静な気持ちで接するわけではないので、人と会話するなら、つねに平穏で優しい雰囲気を残して、会話を進めていくことが最も重要なポイントとなるはずです。

その結果、色々な場面でスムーズな展開を図ることができるわけです。