意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「立腹」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「立腹」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「立腹」という言葉を使った例文や、「立腹」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「立腹」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「立腹」とは?
  • 「立腹」を使った例文や短文など
  • 「立腹」の類語や類義語・言い換え


「立腹」とは?

「立腹」という言葉を知っているでしょうか。

「口ばかりの人に、立腹した」という経験があるかもしれません。

一方で、「立腹」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「立腹」という言葉の意味を紹介します。

  • 「立腹」の読み方
  • 「立腹」の意味

「立腹」の読み方

「立腹」「りっぷく」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「立腹」「りっぷく」と読みましょう。

「立腹」の意味

「立腹」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「立腹」には、「腹を立てる」という意味があります。

また「怒ること」という意味もあります。

例えば「口ばかりの人に、立腹した」という文章には、口ばかりで何もしない人を見て腹を立てたという意味があります。

このように「立腹」という言葉には、「腹を立てる」「怒ること」という意味があります。



「立腹」を使った例文や短文など

次に「立腹」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「立腹」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「立腹」を使った例文1
  • 「立腹」を使った例文2

「立腹」を使った例文1

「部署の成績が上がらず、部長が『立腹』している」

この例文は、成績を上げられない部下たちに対して、部長が腹を立てている場面になります。

「立腹」には「腹を立てる」という意味があり、「部長が立腹している」、また敬語表現で「部長がご立腹している」などという使い方をします。

「立腹」を使った例文2

「仕事でデートをキャンセルし、彼女が『立腹』してしまった」

恋愛の場面でも相手に腹を立てられる場面があります。

この例文のように、仕事とはいえデートをキャンセルしたら、相手が怒ってしまうかもしれません。

彼女が口をきいてくれなかったり、口をへの字にしていたら「立腹」している証拠でしょう。

「立腹」の類語や類義語・言い換え

「立腹」の類語や類似表現を紹介します。

「立腹」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「憤怒」【ふんぬ】
  • 「喧嘩腰」【けんかごし】

「憤怒」【ふんぬ】

「憤怒」という言葉には、「大いに怒ること」という意味があります。

「憤怒の表情を浮かべる」という言葉には、ひどく怒った表情をしているという意味があります。

「喧嘩腰」【けんかごし】

「喧嘩腰」という言葉には、「好戦的な態度、食って掛かる態度」という意味があります。

例えば話し合いなのに、口喧嘩をしたくて仕方がない様子の人は、「喧嘩腰」と言えるでしょう。



icon まとめ

「立腹」という言葉について見てきました。

誰かの言動や、物事に対して、腹を立てたり、怒ったりした時に、「立腹」という言葉を使ってみましょう。