意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「遅れ気味」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「遅れ気味」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「遅れ気味」という言葉を使った例文や、「遅れ気味」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「遅れ気味」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「遅れ気味」とは?
  • 「遅れ気味」を使った例文や短文など
  • 「遅れ気味」の類語や類義語・言い換え


「遅れ気味」とは?

「遅れ気味」という言葉を知っているでしょうか。

「仕事の進行が遅れ気味」などと言ったことがあるかもしれません。

一方で、「遅れ気味」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「遅れ気味」という言葉の意味を紹介します。

  • 「遅れ気味」の読み方
  • 「遅れ気味」の意味

「遅れ気味」の読み方

「遅れ気味」「おくれぎみ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「遅れ気味」「おくれぎみ」と読みましょう。

「遅れ気味」の意味

「遅れ気味」という言葉の意味を紹介します。

「遅れ気味」には、「遅れる傾向」また「遅れている様子」という意味があります。

「仕事の進行が遅れ気味」という時は、仕事の進行が遅い、仕事が遅れている様子が見えるという意味があります。

このように、「遅れ気味」という言葉には、「遅れる傾向」また「遅れている様子」という意味があります。



「遅れ気味」を使った例文や短文など

「遅れ気味」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「遅れ気味」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「遅れ気味」を使った例文1
  • 「遅れ気味」を使った例文2

「遅れ気味」を使った例文1

「彼女は集合場所に『遅れ気味』だ」

この例文に登場する女性は、集合場所に来るのがいつも遅い傾向にあるようです。

「いつでも遅れてくる」「遅れてくる傾向がある」という意味で「遅れ気味」という言葉を使うことがあります。

子供の頃から学校の始業時間に「遅れ気味」という場合も同様で、遅れる傾向があるという意味になります。

「遅れ気味」を使った例文2

「パーティの進行が『遅れ気味』だ」

この例文はパーティの進行が遅く、予定よりも進み方が遅い様子を文章にしたものです。

このように「遅れている様子」「遅れ気味」と表現することもあります。

どこかでスピードを上げたり、何かを端折るなどして、「遅れ気味」の状況を改善する必要があります。

「遅れ気味」の類語や類義語・言い換え

「遅れ気味」の類語や類似表現を紹介します。

「遅れ気味」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「太り気味」【ふとりぎみ】
  • 「焦り気味」【あせりぎみ】

「太り気味」【ふとりぎみ】

「太り気味」には、「太っている傾向が見られる」という意味があります。

「30代になってから太り気味」という時は、30代になってから、太っている時期が多く、太っている傾向が強いという意味があります。

「焦り気味」【あせりぎみ】

「焦り気味」には「焦りの傾向がみられる」という意味があります。

別に急がなくてもいい場面で、焦っている傾向がある人は「あの人は焦り気味だ」などと言います。



icon まとめ

「遅れ気味」という言葉について見てきました。

物事が遅れているように見える時、また遅れる傾向がある時、「遅れ気味」という言葉を使ってみましょう。