意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「条件を飲む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「条件を飲む」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「条件を飲む」という言葉の理解を深めていきましょう。

条件を飲む

Meaning-Book
「条件を飲む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「条件を飲む」とは?
  • 「条件を飲む」の表現の使い方
  • 「条件を飲む」を使った例文と意味を解釈
  • 「条件を飲む」の類語や類義語


「条件を飲む」とは?

「条件を飲む」とは相手の出す要求を不満がありながらも受け入れる、受諾するという意味になります。

  • 「条件を飲む」の読み方

「条件を飲む」の読み方

「条件を飲む」とは「じょうけんをのむ」と読みます。



「条件を飲む」の表現の使い方

「条件を飲む」とは物事を決める時、約束をする時の前提であったり、制約となる事に対して、本心では不満がありながらも受け入れること、受諾するという意味になります。

ですから、どこか不満げなニュアンスであったり、上から目線的な言い方になることが多いでしょう。

例えば「条件を飲むかわりに、二度と我々の前に姿を見せるな」などと言いますのは、相手の出してきた要求を嫌ではあるが受け入れるといった雰囲気が感じ取れるのではないでしょうか。

「条件を飲む」を使った例文と意味を解釈

それでは「条件を飲む」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「条件を飲む」を使った例文1
  • 「条件を飲む」を使った例文2

「条件を飲む」を使った例文1

「このままでは不利になると悟ったので、条件を飲むことにした」

「条件を飲む」とは相手の要求を不満がありながらも受け入れるといった意味合いがあります。

つまり例文の場合は本来ならば受け入れたくないが、このままでは自分がまずい状態になる、だから受け入れたということを「条件を飲む」という言葉で言い表しているのです。

「条件を飲む」を使った例文2

「条件を飲むか、一人でやっていくか、お前の自由にしろ」

相手に要求をする時に少々高圧的な言い方で「条件を飲む」と言う場合もあります。

例文の場合は相手に選択肢を与えているようですが、本心としては自分の要求が受け入れないなら、手を切るということを遠回しに言っているのです。



「条件を飲む」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「条件を飲む」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「受諾」【じゅだく】
  • 「合意」【ごうい】

「受諾」【じゅだく】

「受諾」とは相手の申し出、提案を受け入れることを言います。

「要求を受諾する」などと使います。

「合意」【ごうい】

「合意」とは二人以上の意見が一致するという意味です。

「相手の言うことに全面的に合意することにした」「協議の上で合意したのだから守らなけばならないだろう」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「条件を飲む」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「条件を飲む」とは不満がありながらも受け入れる、受諾するといった意味となります。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。