意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「頼み込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「頼み込む」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「頼み込む」という言葉を使った例文や、「頼み込む」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「頼み込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「頼み込む」とは?
  • 「頼み込む」を使った例文や短文など
  • 「頼み込む」の類語や類義語・言い換え


「頼み込む」とは?

「頼み込む」という言葉を知っているでしょうか。

恋愛中の人は、片想いの相手に交際を「頼み込んだ」経験があるかもしれません。

一方で、「頼み込む」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「頼み込む」という言葉の意味を紹介します。

  • 「頼み込む」の読み方
  • 「頼み込む」の意味

「頼み込む」の読み方

「頼み込む」「たのみこむ」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「頼み込む」「たのみこむ」と読みましょう。

「頼み込む」の意味

「頼み込む」という言葉の意味を紹介します。

「頼み込む」には、「自分の要望を、ぜひ聞き入れて欲しいと熱心に頼むこと」という意味があります。

「交際を頼み込む」という時は、片想いの相手に、交際したい気持ちを聞き入れて欲しいと、熱心に頼むことという意味があります。

このように、「頼み込む」という言葉には、「ぜひ聞き入れて欲しいと熱心に頼むこと」という意味があります。



「頼み込む」を使った例文や短文など

次に「頼み込む」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「頼み込む」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「頼み込む」を使った例文1
  • 「頼み込む」を使った例文2

「頼み込む」を使った例文1

「上司にプロジェクトに加えるよう、『頼み込む』」

この例文は、自分もぜひプロジェクトに参加したいと思い、上司に直談判している様子を文章にしたものです。

このように自分の意見を聞いてもらおうと、熱心にお願いする様子を「頼み込む」と表現します。

「頼み込む」を使った例文2

「店をたたむという主人に、営業を続けるよう『頼み込む』」

この例文は、毎日のように通っていた飲食店などの主人が、閉店を告げた時、営業を続けて欲しいと客が熱心に頼んでいる様子を文章にしたものです。

例えば日本一おいしいと思っているカレー店が閉店すると聞いたら、この例文のように営業継続を「頼み込む」カレーファンもいるでしょう。

「頼み込む」の類語や類義語・言い換え

続いて「頼み込む」の類語や類似表現を紹介します。

「頼み込む」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「嘆願」【たんがん】
  • 「懇願」【こんがん】

「嘆願」【たんがん】

「嘆願」には、「事情を詳しく説明して、熱心にお願いすること」という意味があります。

例えば無実の罪を着せられたと感じた人が、自分の事情などを説明し、罪を許すよう熱心に頼む時、「無実だと嘆願する」などと言います。

「懇願」【こんがん】

「懇願」には、「誠意を込めて頼むこと」という意味があります。

「一人暮らしをさせてもらえるよう、親に懇願する」という文章には、どうしても一人暮らしをしたい子供が、親に必死で頼んでいるという意味があります。



icon まとめ

「頼み込む」という言葉について見てきました。

自分の思いや意見を聞き入れて欲しいと、熱心に頼んでいる様子を見た時、「頼み込む」という言葉を使ってみましょう。