意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「狼狽売り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「狼狽売り」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「狼狽売り」という言葉を使った例文などを紹介していきます。

Meaning-Book
「狼狽売り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「狼狽売り」とは?
  • 「狼狽売り」を使った例文や短文など


「狼狽売り」とは?

「狼狽売り」という言葉を知っているでしょうか。

株式投資をしている人は、「パニックになり狼狽売りした」という経験があるかもしれません。

一方で、「狼狽売り」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「狼狽売り」という言葉の意味を紹介します。

  • 「狼狽売り」の読み方
  • 「狼狽売り」の意味

「狼狽売り」の読み方

「狼狽売り」「ろうばいうり」と読みます。

「狼狽」「ろうばい」「売り」「うり」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「狼狽売り」の意味

「狼狽売り」という言葉の意味を紹介します。

「狼狽売り」は証券用語で、株式市場で売買をしている時などに使う言葉です。

「狼狽売り」には、「株価が急激に下がった時、パニックになり、慌てて持ち株を売却すること」という意味があります。

例えば、Aという銘柄が、突然10%値を下げた時、さらに値を下げて紙屑のようになることを恐れるかもしれません。

このような時、ろくにAが、値を下げた理由を調べずに、売却してしまうことがあります。

このような特に根拠がなくパニック売りする様子を「狼狽売り」と言います。



「狼狽売り」を使った例文や短文など

「狼狽売り」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「狼狽売り」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「狼狽売り」を使った例文1
  • 「狼狽売り」を使った例文2

「狼狽売り」を使った例文1

「株価が一斉に値を下げると、『狼狽売り』により、さらに値を下げる」

この例文のようにかなりの数の銘柄が暴落すると、その様子をみた投資家の心理が冷えてしまいます。

自分が保持している銘柄に問題がなくても、「とりあえず、安全を考えてポジションを手放そう」と思い、さらなる売りが入るため、暴落が加速することがあります。

市場全体が大きく値を下げる時は、このような連鎖反応が起きていることがあります。

「狼狽売り」を使った例文2

「これは『狼狽売り』のため、すぐに値を戻すだろう」

この例文のように、ある銘柄が暴落した時、慌てずに「狼狽売り」による暴落だと見極められれば、暴落した銘柄を買い、値を戻した瞬間に利益を出せます。

株式投資をする時は、なぜ値を下げているのか、その後、どのような値動きをするのかを常に考えていると、「狼狽売り」がチャンスになります。

icon まとめ

「狼狽売り」という言葉について見てきました。

株式投資などをしている時に、動揺したりパニックになるなどして、たくさんの売りが出た時に、「狼狽売り」という言葉を使ってみましょう。