意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「※ただしイケメンに限る」とは?!解説

「※ただしイケメンに限る」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「※ただしイケメンに限る」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

ただしイケメンに限る

Meaning-Book
「※ただしイケメンに限る」とは?!解説>


目次

  • 「※ただしイケメンに限る」とは?
  • 「※ただしイケメンに限る」の概要


「※ただしイケメンに限る」とは?

「※ただしイケメンに限る」というのは実生活において存在する容姿のバイアスを表現した言葉であり、2ちゃんねる発祥の表現だと言われています。

例えば、頭が良かったりスポーツ万能であったり、お金持ちだったりと、一般的にモテる要素がありすぎるという人が存在しますよね。

しかし、もしもそのような人がイケメンとはほど遠く、不細工な人だったらどうでしょうか。

また、オタクや口下手な人がもしもとてつもなくイケメンだったりしたら、評価は大きく変わるのではないでしょうか。

マイナス要素しかないような人がもしもイケメンだったら、あっという間に人気者になってしまうかもしれないですよね。

このような現象を「※ただしイケメンに限る」と表現するのです。



「※ただしイケメンに限る」の概要

「※ただしイケメンに限る」というのは非常にネガティブな表現だと考える人も多いと言われています。

イケメンにしか関心がない人の差別的な発言だとする人もいますが、実はこれはイケメンではない人たちが自覚自重を促すために考えた表現であり、一種の哲学だといえます。

つまり、本来はイケメンからイケメンではない人に使われる表現などではなく、イケメンではない人たちが自分たちを戒める表現なのです。

ただし最近ではイケメンからイケメンでない人に使われたり、イケメンではない人たちの自虐的な攻撃で使われることもあるため、注意が必要だと言われています。

また、「※ただしイケメンに限る」はあまりにも長すぎるということで「※ただイケ」「※」などと省略されることもあります。

icon まとめ

「※ただしイケメンに限る」というのはイケメンでなければいけないというわけではなく、戒めの言葉と言えるでしょう。

そのため差別的な発言ではないという意見も多く存在するのです。