意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「伝達事項」とは?意味や類語!例文と解釈

「伝達事項」という表現を聞いたことがあるでしょうか。

ビジネスではよく使われる表現ですよね。

ここでは「伝達事項」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「伝達事項」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「伝達事項」とは?
  • 「伝達事項」の英語と解釈
  • 「伝達事項」の表現の使い方
  • 「伝達事項」を使った例文と意味を解釈
  • 「伝達事項」の類語や類義語


「伝達事項」とは?

「伝達事項」というのは伝達しなければいけない事柄、という意味になります。

ビジネスにおいては様々な場面でお互いに連絡し合い、誤解のないように、間違いのないようにしていかなければいけないですよね。

そのため、情報を共有する必要があります。

このように共有されなければならない情報が「伝達事項」ということになります。

「伝達」というのは命令や連絡事項などを伝えること、次々に伝え届けること、という意味になります。

「案内」「周知」と異なり、次々と伝えていく、ということが大切です。

発信者がいて次から次へと情報が渡されていくということが「伝達」であり、その内容が「伝達事項」ということになります。

  • 「伝達事項」の読み方

「伝達事項」の読み方

「伝達事項」「でんたつじこう」と読みます。

ビジネスにおいてはよく使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「伝達事項」の英語と解釈

「伝達事項」という表現を英語にすると“a message”“information to be conveyed to somebody”になります。

例えば、「彼は伝達事項を次々に申し送った」ということであれば“He passed a message successively.”になります。

「伝達事項」の表現の使い方

職場で次々と連絡を伝えていかなければいけないことがありますよね。

そのような内容が「伝達事項」になります。

例えば口頭で「伝達事項」を伝えていくこともあるでしょうし、文書で伝えていくこともあるかもしれません。

今までのポストに違う人が入ってきた場合、その後任者に「伝達事項」を伝えなければいけないこともあるでしょう。

今までどのような仕事をしてきたのか、どのような仕事が期待されているのか、ということも併せて伝えていかなければいけません。

そのような内容が「伝達事項」になります。



「伝達事項」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「伝達事項」を使った例文1
  • 「伝達事項」を使った例文2

「伝達事項」を使った例文1

「伝達事項は誤りのないように気をつけてください」

「伝達事項」を人に伝える場合、口頭で伝えていくとニュアンスが変わってしまい、きちんと伝わっていなかったということもあるかもしれません。

子供の頃、多くの人が伝言ゲームを経験したことでしょう。

伝言ゲームは簡単なようで簡単では無いですよね。

それは職場でも同じです。

もしも口頭で「伝達事項」を伝える場合、誤りのないように、自分で勝手に解釈しないように、注意する必要があります。

「伝達事項」を使った例文2

「伝達事項はできれば書面でお願いします」

誤解がないようにするためには、書面で「伝達事項」を伝えるということも大切です。

口頭のみで伝えてしまうとどこかで誤解が生じてしまうかもしれませんので、書面で伝えた上でわからないところは質問してもらう、という形にした方が良いと考える人もいます。

「伝達事項」を口頭で伝えると簡単ですし時間もかからないように感じますが、後々の手間を考えて文書を好む人がいるということも覚えておきましょう。

「伝達事項」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「連絡事項」【れんらくじこう】
  • 「コミュニケーション」

「連絡事項」【れんらくじこう】

「連絡事項」というのは伝えておく事柄という意味です。

例えば、小学生の時、朝の会や帰りの会で「連絡事項」を伝え合ったという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

「コミュニケーション」

「コミュニケーション」というのは社会生活を営む人間の間でなされる知覚、感情、思考の伝達を指します。

言葉でなされるコミュニケーションもあれば、言葉ではないコミュニケーションもあり、これらは言語コミュニケーション、非言語コミュニケーション、と言われます。

icon まとめ

「伝達事項」という表現はビジネスでもよく使われますので、ぜひ覚えておきましょう。

間違いのないように伝えていきたいですね。