意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「熱情」の意味とは!類語や概要

「熱情」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「熱情」という言葉について詳しく紹介していきます。

熱情

Meaning-Book
「熱情」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「熱情」とは?
  • 「熱情」の表現の使い方
  • 「熱情」を使った例文と意味を解釈
  • 「熱情」の類語や類義語


「熱情」とは?

「熱情」というのは燃え上がるような激しい感情、あるいは熱心な気持ちや情熱、という意味があります。

例えば、子育てに「熱情」を注ぐ人も多いのではないでしょうか。

自分の子供には英語を習わせたい、ピアノを習わせたい、などと様々な「熱情」を持って子育てをする人もいるかもしれませんね。

大学院では研究に「熱情」を注ぐ人もいるかもしれません。

特に博士課程に進学し、将来は研究者になりたいと思うのであれば、研究に対する「熱情」が大切です。

あるいは、ベートーベンが1804年から1805年にかけて作曲した曲の中のピアノソナタ第23番は「熱情」と呼ばれ、3大ピアノソナタの1つだと言われます。

  • 「熱情」の読み方

「熱情」の読み方

「熱情」「ねつじょう」と読みます。

ぜひ覚えておきたい表現の1つですね。



「熱情」の表現の使い方

小さい頃から幼稚園の先生になりたい学校の先生になりたい、などと考えて夢を実現させた場合、教育に「熱情」を注ぐ人も多いのではないでしょうか。

例えば小学校の先生になったら小学生たちの様子を見て、それぞれの個性を伸ばすために一生懸命仕事に当たるという人もいるかもしれませんね。

最近は障害のある子供たちを受け入れる学校も増えており、特別支援学級なども作られています。

そのような教室を受け持ち、そこに「熱情」を注ぐ人もいるのではないでしょうか。

「熱情」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「熱情」を使った例文1
  • 「熱情」を使った例文2

「熱情」を使った例文1

「彼は教育者として子供たちに熱情を注いだ」

最近は少子化で教師の数も減っていると言われていますが、教師になったのであれば、教育に「熱情」を注いでいきたいですよね。

子供たちには勉強させるという事だけではなく、何ができるのか、何が得意なのか、というところを見出し、その長所を伸ばしてあげられるようにしたいものです。

「熱情」を使った例文2

「彼は出版の仕事に熱情を注いだ」

出版社で編集者として働く、ということもあるかもしれませんね。

自分の仕事にはプライドを持ちたいと考える人も多いのではないでしょうか。

出版社の仕事はとても忙しいと言われていますが、その一方で楽しめると考える人も多いといわれています。



「熱情」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「情熱」【じょうねつ】
  • 「熱心」【ねっしん】

「情熱」【じょうねつ】

「情熱」というのは激しく高まった気持ち、感情が熱している心理状態、という意味になります。

「研究に情熱を燃やす」などと表現されます。

「熱心」【ねっしん】

「熱心」はそのことに心を打ち込んでいる、という意味になります。

「熱心な仕事ぶり」などと表現できます。

icon まとめ

「熱情」という表現は日常的にも使われる言葉ですのでぜひ覚えておきたいですね。

「熱情」を注げるような何かに出会えるのは素晴らしいことです。