意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自己評価」とは?意味や使い方!例文や解釈

「自己評価」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「自己評価」という言葉の理解を深めていきましょう。

自己評価

Meaning-Book
「自己評価」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「自己評価」とは?
  • 「自己評価」の表現の使い方
  • 「自己評価」を使った言葉と意味を解釈
  • 「自己評価」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「自己評価」の反対語
  • 「自己評価」の類語や類義語・言い換え
  • 「自己評価」の英語と解釈


「自己評価」とは?

「自己評価」とはビジネスでよく使われる言葉ですが、自分の価値を決めることという意味になります。

価値の決め方としては、自分なりの基準であったり、他人の基準と照らし合わせるといった方法があります。

  • 「自己評価」の読み方

「自己評価」の読み方

「自己評価」と書いて「じこひょうか」と読みます。



「自己評価」の表現の使い方

「自己評価」「自己」とは自分自身のことです。

「評価」とは価値を定める、値打ちを認めるといった意味です。

つまり自分自身の評価という意味ですから、使い方としては「自己評価が高い」「自己評価が低い」「自己評価する」という風になります。

「自己評価」を使った言葉と意味を解釈

「自己評価」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「自己評価を書く」
  • 「自己評価が高い人」
  • 「自己評価が低い人」

「自己評価を書く」

「自己評価を書く」とは主に、会社などで自分のことをアピールする時に使う言葉です。

履歴書、経歴書といったものにも「自己評価」を上手く効果的に書くことは、非常に重要なことでもあります。

「自己評価」を効果的に書くことが重要な理由としては、面接などの場合は自分を有利にして採用される為です。

社内においては、給料アップ、出世に繋がる為です。

とは言え、いいことばかりを大げさに書けばいいものではありません。

「自己評価」とは自分の仕事における成績表ですから、冷静に自己分析ができているかどうかも、評価されるポイントとなるでしょう。

つまり、できていないのに「自分は〇〇ができている」などと書きますと「自己分析ができていない人」と見られて逆にマイナスになることもあります。

「自己評価が高い人」

「自己評価が高い人」とは、自尊心がしっかりとあり、自分に自信がある、自分が好きであるという人が多いでしょう。

アピール力に優れていて、何か失敗してもそれほど気にせず、またリカバリー能力が高いとも言えます。

しかし、裏を返せば、自分に自信があり、プライドが高い、ゆえに人を見下す傾向にあるとも言えます。

仕事をしていく上においては「自己評価が高い人」の方が理想的だとは言えます。

また、実力がないのに、やけに自信がある人のことを皮肉で「彼は自己評価が高い人だから・・・」などと言ったりもします。

「自己評価が低い人」

「自己評価が低い」「自己評価が低い人」などという言い方はよく聞くかと思います。

本来は実力があるのに自分に自信がない、持っている能力の高さに気づいていないといった人に使われることも多い言葉です。

「どうして、あなたそんなに自己評価が低いの?もっと自信を持っていいわよ」などと使います。

「自己評価が低い人」の傾向としては自分に厳しい、否定的なとらえ方をする、などがあります。



「自己評価」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「自己評価」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「自己評価」を使った例文1
  • 「自己評価」を使った例文2

「自己評価」を使った例文1

「自己評価の書き方によって、大きく印象って変わるからね」

「自己評価」とは自分で自分に点数をつけることです。

同じ内容であっても、書き方によっては印象がらりと変わるものでもあります。

ですから「自己評価」の効果的な書き方とは?といったサイトもあるぐらいなのです。

自己アピール力が高い人の方が有利であると言えるでしょう。

「自己評価」を使った例文2

「自己評価が高過ぎるのも低過ぎるのも自分自身をよくわかっていないってことだ」

「自己評価」とは自分の価値を自分で定める、いわば成績表といったものです。

成績表ですから、過大評価も過小評価もなく、正確であることが望ましいのです。

自分を冷静に分析できているかどうかも、見極められます。

ですから「自己評価」が高過ぎるのも低過ぎるのもどちらも自己分析できていないという点では同じなのです。

「自己評価」の反対語

「自己評価」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「他者評価」【たしゃひょうか】
  • 「品定め」【しなさだめ】

「他者評価」【たしゃひょうか】

「自己評価」の反対語は「他者評価」となっています。

他人から見た自分の評価という意味です。

「他者評価はあれほど高いのに、本人は自信が持てない性格なのよね」などと使います。

「品定め」【しなさだめ】

「品定め」とは数人の人たちにより、他人の評価をすることを言います。

「誰が適任なのか、上司連中で品定め中さ」「品定めされているなんて、嫌な気分ね」などと使います。

「自己評価」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「自己評価」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「自己査定」【じこさてい】
  • 「自主評価」【じしゅひょうか】
  • 「自己採点」【じこさいてん】

「自己査定」【じこさてい】

「自己査定」とは自分のことを、自分で等級、価値、合否などを決めることを言います。

「勤務成績を自己査定してみた」という風に使います。

「自主評価」【じしゅひょうか】

「自主評価」とは「自己評価」と同じ意味合いとなります。

「自主評価して、自分の至らない点が多いことに落ち込んだ」などと使います。

「自己採点」【じこさいてん】

「自己採点」とは自分で評価を下す為に点数をつけることを言います。

「自己採点したが、きっと不合格だ」「自己採点だから、まだ結果はわからない」などと使います。

「自己評価」の英語と解釈

自己評価 meaning in english

「自己評価」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“self-assessment”と言います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「自己評価」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「自己評価」とは自分で自分の価値を決めるという意味があります。

ビジネス上の成績であったり、性格的なことであったりとわりとよく聞く言葉ですので、これを機会に意味をしっかり覚えておきましょう。