意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ディスアドバンテージ」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「ディスアドバンテージ」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「ディスアドバンテージ」という表現について詳しく紹介していきます。

ディスアドバンテージ

Meaning-Book
「ディスアドバンテージ」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「ディスアドバンテージ」とは?
  • 「ディスアドバンテージ」の対義語
  • 「ディスアドバンテージ」の表現の使い方
  • 「ディスアドバンテージ」を使った例文と意味を解釈
  • 「ディスアドバンテージ」の類語や類義語・言い換え


「ディスアドバンテージ」とは?

「ディスアドバンテージ」というのは勝負や競争において悪影響をもたらす要素のこと、不利な点、という意味になります。

英語の“disadvantage”から来ており、欠点や落ち度、デメリットという意味があります。

例えば、今は多くの人が英語を勉強しているのではないでしょうか。

その一方で、アルファベットではない言語を話す国民にとって英語は難しいと感じることもあるかもしれません。

確かに、ヨーロッパなどアルファベットを使って日常的に生活している人の方が英語は得意そうですよね。

このような時、「私たちにとってアルファベットを使う言語ではないということがディスアドバンテージです」のように表現できます。



「ディスアドバンテージ」の対義語

ここでは対義語を紹介していきます。

  • 「アドバンテージ」

「アドバンテージ」

「アドバンテージ」というのは有利や強み、利益、という意味がありますが、それ以外にもスポーツにおいて販促が生じた場合、販促を受けたチームが有利になっている場合は罰則を適用しないという状態を指します。

得点等で優位にある状態を指すこともあります。

「ディスアドバンテージ」の表現の使い方

「ディスアドバンテージ」というのは競争などにおいて不利な点を指しています。

例えば、最近は男女雇用機会均等法などによって女性も当たり前のように働けるはずの社会になりましたが、その一方でどうしても「女性はディスアドバンテージです」と考えることもあるのではないでしょうか。

妊娠や出産などで女性のキャリアはなかなか築きにくい状態にありますよね。

そのような時、「女性であるということがディスアドバンテージです」と考える人もいるかもしれません。



「ディスアドバンテージ」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「ディスアドバンテージ」を使った例文1
  • 「ディスアドバンテージ」を使った例文2

「ディスアドバンテージ」を使った例文1

「他の学生たちは語学力や海外経験にたけていたため、そのような力がないことが私のディスアドバンテージです」

就活などでは、様々な学生に出会いますよね。

帰国子女の学生もいれば、留学経験が多くて英語に問題がない学生などもいるでしょう。

そのような中、特に帰国子女でもないし留学経験があるわけでもない、日本で英語を学んできただけだ、となってしまうとそのような経験のなさがディスアドバンテージだと考える人もいるかもしれません。

確かに、帰国子女などは華やかに見えることもあるでしょう。

しかし、それだけが結果を決めるわけではありませんので、しっかりと面接に臨むことが大切です。

「ディスアドバンテージ」を使った例文2

「私は身長が低いことがディスアドバンテージです」

身長が高いと何かと有利だ、と感じた経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

特に男性だと身長が高ければ女性にモテそうな感じがしますよね。

逆に身長が低いというだけで女性からモテない、と感じている人もいるかもしれません。

背の順で並ぶといつも前の方で嫌だった、などという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

どれだけイケメンでキャリアがあっても、婚活の場では身長が低いということでディスアドバンテージになってしまうこともあります。

「ディスアドバンテージ」の類語や類義語・言い換え

ここでは英語を紹介していきます。

  • 「不利」【ふり】
  • 「デメリット」

「不利」【ふり】

「不利」は相手に比して形勢が良くない、それによって損失や敗北、失敗を招く可能性がある、という時に使われます。

例えば「これは不利な取引です」などと使われます。

「デメリット」

「デメリット」というのは短所や欠点を指しています。

自動車保険のノンフリート等級ではデメリット等級というものがありますね。

icon まとめ

「ディスアドバンテージ」という表現は最近若い人の間でもよく使われる表現ですので、ぜひ知っておきましょう。

カタカナ用語は苦手だと思っても、ぜひ覚えておきたい表現の1つです。