意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ノーハウ」とは?!読み方や解説

「ノーハウ」は、人によっては違う形で覚えているかも知れません。

ノーハウ

Meaning-Book
「ノーハウ」とは?!読み方や解説 >


目次

  • 「ノーハウ」とは?
  • 「ノーハウ」の概要


「ノーハウ」とは?

「ノーハウ」とは、何かについての技術や秘訣など、これさえ知っていれば安心だと思えるほどの知識、もしくは相応の経験のことを指して使います。

英語の“know-how”をカタカナ語にした言葉で、英語でも専門的な知識や経験という意味で使う言葉です。

「~についてのノーハウでは負けていない」「初めての分野だけに、ノーハウがある人が必要だ」などといった形で用いられる言葉です。



「ノーハウ」の概要

「ノーハウ」は、よく「ノウハウ」と使われます。

こちらなら知っているという人も多いかも知れませんが、英語の“know-how”は、それぞれ「ノー」「ハウ」と発音する為、「ノーハウ」の方がより適した表現です。

ただし、日本語としては「ノウハウ」の方が有名で、様々な事柄について詳しく解説した書籍を「ノウハウ本」と読むなど、すっかりこの言葉の方が定着しています。

その為、表記する場合には「ノウハウ」、発音は「ノーハウ」とするのがいいでしょう。

発音的には「ノーハウ」の方はしやすく、更に元の英語にも近いところがポイントです。

「ノウハウ」のまま発音しようと思っても、「ノーハウ」に聞こえることが多いです。

icon まとめ

「ノーハウ」は、それについてそれなりの経験を積んだからこそ、会得できるものだと考えて構いません。

書籍などでも得ることができますが、やはり実際に経験した人には及ばないことがほとんどです。