意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「嘲う」の意味とは!類語や言い換え

「嘲う」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「嘲う」という言葉を使った例文や、「嘲う」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「嘲う」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「嘲う」とは?
  • 「嘲う」を使った例文や短文など
  • 「嘲う」の類語や類義語・言い換え


「嘲う」とは?

「嘲う」という言葉を知っているでしょうか。

会社のある人のことを、「嘲った」経験があるかもしれません。

一方で、「嘲う」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「嘲う」という言葉の意味を紹介します。

  • 「嘲う」の読み方
  • 「嘲う」の意味

「嘲う」の読み方

「嘲う」「あざわらう」と読みます。

少し読み方が難しい言葉のため、読み間違えに気を付けましょう。

これを機会に、「嘲う」「あざわらう」と読みましょう。

「嘲う」の意味

「嘲う」という言葉の意味を紹介します。

「嘲う」には、「馬鹿にして笑う」という意味があります。

会社の誰かのことを「嘲った」という時、その人のことを馬鹿にして笑ったという意味になります。

ただ笑った時ではなく、馬鹿にするという感情が含まれている時、「嘲う」という言葉を使ってみましょう。

このように「嘲う」という言葉には、「馬鹿にして笑う」という意味があります。



「嘲う」を使った例文や短文など

次に「嘲う」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「嘲う」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「嘲う」を使った例文1
  • 「嘲う」を使った例文2

「嘲う」を使った例文1

「速球待ちの打者を、『嘲う』かのようなスローボールを投げる」

この例文は野球の投球場面を切り取った文章になります。

打者が速球待ちだと思った投手が、打者の虚を突くようなスローボールを投げます。

呆気にとられた打者は、ゆっくりと曲がってくるボールを、ただ見送るしかできないでしょう。

このような打者の打ち気を馬鹿にしたようなボールを投げる時、「嘲う」という言葉を使います。

「嘲う」を使った例文2

「彼には『嘲う』ような笑顔を見せる癖がある」

この例文は、普通に笑っているのに、馬鹿にして笑っているように見えてしまう癖がある人について文章にしたものです。

悪気はなくても、敵をたくさん作ってしまうかもしれません。

「嘲う」の類語や類義語・言い換え

続いて「嘲う」の類語や類似表現を紹介します。

「嘲う」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「嘲る」【あざける】
  • 「見下す」【みくだす】

「嘲る」【あざける】

「嘲る」には、「人を軽蔑して悪く言ったり笑ったりすること」という意味があります。

「失敗を嘲る」「貧乏だと嘲る」という意味があります。

「見下す」【みくだす】

「見下す」という言葉には、「相手を馬鹿にしてみる」という意味があります。

「人を見下した態度」という時は、相手を馬鹿にした態度という意味があります。



icon まとめ

「嘲う」という言葉について見てきました。

馬鹿にして笑っている様子を見た時、「嘲う」という言葉を使ってみましょう。