意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見下す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「見下す」は、いい意味のある言葉ではないので使わないに越したことはありません。

Meaning-Book
「見下す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見下す」とは?
  • 「見下す」の表現の使い方
  • 「見下す」を使った例文と意味を解釈
  • 「見下す」の類語や類義語


「見下す」とは?

「見下す」とは、使う対象を馬鹿にする、(立場的に)下に見るという意味の言葉です。

彼はすぐ人を見下す」などと使われ、この場合の意味は、すぐに馬鹿にする、自分より下に見る(自分の方が上だと考える)となります。

そのような意味の言葉の為、直接その相手に使うとトラブルの元となってしまう可能性が高いのは言うまでもないでしょう。

  • 「見下す」の読み方

「見下す」の読み方

「見下す」の読み方は、「みくだす」になります。

よくある間違いとして、「見下ろす」と混同して使っているケースが見受けられますが、そちらとは明確に違う言葉です。

「見下ろす」は、「高い場所から下を見る」ことで、物理的な事柄に対して使います。

決して上の立場から「見下す」ことではなく、普通にそのようなシチュエーションに対して使って構いません(特に悪い意味もありません)。



「見下す」の表現の使い方

「見下す」の表現の使い方を紹介します。

この言葉は先のように、人を馬鹿にする為に使います。

そのような意味の為、できれば用いない、そして聞かない方がいい言葉です。

よって、実際に使うとすると、誰かにそうされた、そうされていると感じたのような使い方になるでしょう。

この場合も、そうされたとする相手に決していい感情は表現していません。

「見下す」を使った例文と意味を解釈

「見下す」を使った例文と、その意味の解釈です。

人に対して悪い意味で使っている例と、自分がそうされているという使い方です。

  • 「見下す」を使った例文1
  • 「見下す」を使った例文2

「見下す」を使った例文1

「彼にはすぐに女性を見下す癖がある」

そのような男性もまだ多いのが現実ですが、女性というだけで馬鹿にしたり、下に見るのは現代ではナンセンスというもので、時代錯誤とも言っていいでしょう。

当然ですが、決してそのようなことがあってはいけません。

「見下す」を使った例文2

「あいつは誰に対しても見下すような発言をする嫌な奴だ」

このような人も居るのが現実ですが、そういった人は自分が同じことをされると怒り出すものです。

自分がどれほどのものだと思っているのか知りませんが、とても人に好かれるとは思えない態度で、決して真似をしてはいけません。



「見下す」の類語や類義語

「見下す」の類語や類義語を紹介します。

こちらの方が直接的な表現になります。

  • 「蔑む」【さげすむ】

「蔑む」【さげすむ】

人を馬鹿にする、軽んじるという意味で使う言葉で、「見下す」とほぼ一緒の意味で使えます。

ですが、漢字を見るからにその様子が分かる言葉なので、口語ではまだしも、文章として使うのはおすすめできません(口語でも褒められたものではありません)。

icon まとめ

人を「見下す」ようなことは、基本的にはしないに限ります。

どうしてもそこまでの対象だとしか思えないような場合のみ、本人の目や耳に入らないように使う程度にしておいてください。