意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「理を解く」の意味とは!類語や言い換え

「理を解く」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「理を解く」という言葉を使った例文や、「理を解く」の類語を紹介して行きます。

理を解く

Meaning-Book
「理を解く」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「理を解く」とは?
  • 「理を解く」を使った例文や短文など
  • 「理を解く」の類語や類義語・言い換え


「理を解く」とは?

「理を解く」という言葉を知っているでしょうか。

「理解」という言葉なら知っているかもしれません。

一方で、「理を解く」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「理を解く」という言葉の意味を紹介します。

  • 「理を解く」の読み方
  • 「理を解く」の意味

「理を解く」の読み方

「理を解く」「りをとく」と読みます。

また「ことわりをとく」と読むこともあります。

これを機会に、「理を解く」「りをとく」「ことわりをとく」と読みましょう。

「理を解く」の意味

「理を解く」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「理を解く」という言葉には、「物事の筋道や道理を悟る」という意味があります。

「理を解く」「理」には、道理に照らして、取るべき言動、という意味があります。

また「解く」には、分かる、悟るという意味があります。

このように「理を解く」という言葉には、「物事の筋道や道理を悟る」という意味があります。



「理を解く」を使った例文や短文など

次に「理を解く」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「理を解く」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「理を解く」を使った例文1
  • 「理を解く」を使った例文2

「理を解く」を使った例文1

「携わっている仕事の『理を解く』」

この例文は、自分が携わっている仕事について、理解している場面を文章にしたものです。

仕事を進めていくうえで、大切なことを理解する時、「理を解く」などと表現します。

「理を解く」を使った例文2

「今年の新人は、『理を解く』のが早い」

この例文に登場する新人社員は、物事の道理や筋道をのみ込むのが早い人のようです。

仕事や会社のルールについて説明された時に、その道理や筋道をいち早く理解できる人は、仕事の理解も早い人でしょう。

物事の本質が分かるため、自分なりに応用して物事を進められそうです。

「理を解く」の類語や類義語・言い換え

続いて「理を解く」の類語や類似表現を紹介します。

「理を解く」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「理解」【りかい】
  • 「了解」【りょうかい】

「理解」【りかい】

「理解」という言葉には、「物事の道理や筋道が正しく分かること」という意味があります。

「説明を理解する」という時は、説明の内容を正しく分かる、のみ込むという意味があります。

他にも「理解が早い」「すぐに理解する」などという使い方をします。

「了解」【りょうかい】

「了解」という言葉には、「事情を思い遣って納得すること」という意味があります。

ビジネスシーンでは、何か頼まれごとをされた時、頼んだ側の事情を思い遣って納得したという意志を示す時に、「了解しました」などと言います。



icon まとめ

「理を解く」という言葉について見てきました。

物事の道理や筋道を悟る時、何をすればいいか、内容を飲み込んだ時などに、「理を解く」という言葉を使ってみましょう。