意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「運搬」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「運搬」という言葉を聞くと、特別に珍しい言葉ではないと思うでしょう。

確かにこの言葉は、ビジネスシーンで頻繁に出てくる言葉ですし、普段の会話の中でも耳にすることがあります。

それだけありふれた言葉なのですが、逆に「運搬」という言葉を意識する機会も少ないかもしれません。

そこで今回は、「運搬」について見ていくことにします。

運搬

Meaning-Book
「運搬」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「運搬」とは?
  • 「運搬」の英語と解釈
  • 「運搬」の表現の使い方
  • 「運搬」を使った例文と意味を解釈
  • 「運搬」の類語や類義語・言い換え


「運搬」とは?

「運搬」とは「大きな物や多くの物を目的地まで運んだり移すこと」という意味になります。

  • 「運搬」の読み方

「運搬」の読み方

「運搬」「うんぱん」という読み方になりますが、身近な場面でよく使われていますので、ここで悩むことはないでしょう。



「運搬」の英語と解釈

運搬 meaning in english

「運搬」を英語で表現すると、“transport”“haulage”などの言葉で訳すことができます。

「運搬」の表現の使い方

「運搬」「目的地に荷物を運ぶこと」という意味がありますので、物流業界を中心によく出てます。

引っ越し・宅配なども含めて、1日の生活の中でも聞かないことはないくらいに使われています。



「運搬」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「運搬」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「運搬」を使った例文1
  • 「運搬」を使った例文2

「運搬」を使った例文1

「物資を運搬するために日本の高速道路は、重要な交通の大動脈だ」

生活物資を始め、製品・資材・材料など様々なものが日々、全国に「運搬」されています。

その主軸となるのが、トラックを中心とした車なのですが、できるだけ短時間で「運搬」を済ませるためには、高速道路の存在は欠かすことができません。

日本の経済を支える交通インフラと言っても過言ではありません。

「運搬」を使った例文2

「運搬の歴史を紐解くと、海や川を利用していたのが、今では空、陸と多岐に渡る」

これも経済を支える根幹となる「運搬」に関する例文ですが、やはり物流は交通の発達とともに盛んになってきたのですが、昔は海運がメインだったのが、空輸・陸輸という手法で、「運搬」の手段が多岐に渡ってきています。

「運搬」の類語や類義語・言い換え

「運搬」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「輸送」【ゆそう】
  • 「持ち運ぶ」【もちはこぶ】

「輸送」【ゆそう】

「輸送」「運搬」の類義語として挙げることができます。

「1人の人や1つの場所から、もう一方にまで送る」という意味を持つ言葉で、物流には欠かすことのできない重要なキーワードです。

「輸送」という大がかりな設備や資材の「運搬」というイメージがありますが、それだけはなく、色々なものも「輸送」で当てはまるものもたくさんあります。

「持ち運ぶ」【もちはこぶ】

「持ち運ぶ」という言葉もまた、「運搬」の類義語として使うことができる言葉です。

「車両や人手、または実際に自分に身に付けて持ったままの間に移動する」という意味で使われています。

この言葉は、「運搬」と異なり「自らが色々な手段を使って運び入れる」というニュアンスはあります。

「持ち運びOK」と言ったような使い方もありますが、宅配便など他の人に頼らず、自ら運び入れるという意味で使われています。

icon まとめ

「運搬」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、ビジネス業界の中では、「運搬」を請け負う物流業界の存在は、非常に重要なウエートを占めています。

この業界がないと、メーカーが作った製品は市場に届けられることがありません。

人の身体で例えるなら、まさに血液の役目を果たしていると思います。

血の巡りが鈍くなっていくことで、健康が損なわれますが、「運搬」も同じことで、物流業界が停滞してしまうと、経済がダメになっていくので、「運搬」はとても重要なことなのです。