意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「安売り」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「安売り」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「安売り」について詳しく紹介していきます。

安売り

Meaning-Book
「安売り」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「安売り」とは?
  • 「安売り」の英語と解釈
  • 「安売り」の表現の使い方
  • 「安売り」を使った例文と意味を解釈
  • 「安売り」の類語や類義語・言い換え


「安売り」とは?

「安売り」という言葉には普通より安い値段で売る、という意味があります。

スーパーなどで「安売り」がなされる場合、多くの主婦たちがそこに集まるのではないでしょうか。

いつもより安い値段で商品が購入できるとなれば、特に必要な商品が「安売り」になっているときは魅力的ですよね。

その一方で、必要がないものを購入してしまうというリスクがあるため、注意が必要です。

ディスカウントショップなどは「安売り」が目玉ですので、より良い商品を安く売ることで多くの人たちを集めていると言えるでしょう。

  • 「安売り」の読み方

「安売り」の読み方

「安売り」「やすうり」と読みます。

日常的にも使われる表現ですから、ぜひ知っておきましょう。



「安売り」の英語と解釈

安売り meaning in english

「安売り」という表現を英語にすると“sale”“sales event”“cut-rate sale”になります。

「安売り店」が人気を呼んでいます」ということであれば“Discount stores are attractive to people.”になります。

「安売り」の表現の使い方

「安売り」という表現はスーパーなどでもよく使われる言い回しですね。

例えば、「火曜日は安売りされているからありがたい」「閉店前は全体的に安売りになるからオススメだよ」などと聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

曜日によって「安売り」がなされていることもありますし、閉店前は商品を売り切るために半額など値引きになることもあります。



「安売り」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「安売り」を使った例文1
  • 「安売り」を使った例文2

「安売り」を使った例文1

「閉店前は全体的に商品が安売りされるため、ぜひ行ってみてください」

閉店前は商品が値下げされるため、ありがたいと感じている人もいるのではないでしょうか。

特に閉店1時間前などは値引きがなされる時間帯とも言われており、より多くのお客さんが集まることもありますよね。

閉店前の時間帯を狙ってお店に行ったら既に売り切れていた、などということもあるかもしれません。

お店側も商品を売り切るため、特に食品等は何とか値下げをして売ってしまおうと考えます。

そのかわり24時間営業のスーパーなどは値下げがなされないため、面白くないと感じる人もいるかもしれないですね。

「安売り」を使った例文2

「あのお店は安売りと言っていますが、全然安くありません」

その一方で、安売りと言っていても全然安くないと感じるお店もあるかもしれないですね。

確かに、元の値段が高ければ安売りされていてもあまり変わりませんし、安売りされてやっと一般的な値段になるということもあるかもしれません。

安売りと言われたからといって必ずしも安いというわけでは無い、ということも覚えておかなければいけません。

お店によって安売りの金額は異なりますから、普段からいろいろチェックしておくと良いかもしれません。

「安売り」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「セール」
  • 「特売」【とくばい】

「セール」

「セール」というのは販売を指しますが、特に大売り出しを指しています。

バーゲンセール、優勝記念セール、などという言葉がありますね。

「特売」【とくばい】

「特売」というのは期間を限りで特別に安い値段で品物を得るということです。

「毎日特売」などという言葉もあるため、チラシを意識しているという人も多いのではないでしょうか。

icon まとめ

「安売り」という表現はよく使われますので、覚えておきましょう。

同じ商品を買うならば「安売り」が狙い目だと感じている人も多いかもしれませんね。