意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「生き延びる」の意味とは!類語や言い換え

「生き延びる」という表現を使ったことがあるでしょうか。

ここでは「生き延びる」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「生き延びる」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「生き延びる」とは?
  • 「生き延びる」の表現の使い方
  • 「生き延びる」を使った例文と意味を解釈
  • 「生き延びる」の類語や類義語・言い換え


「生き延びる」とは?

「生き延びる」というのは命に関わるような危ない状況を切り抜けて命を保つ、失うはずの生命を生きながらえる、長く生きる、という意味になります。

苦難や逆境を通して生き続ける、乗り越える、などという時に使われる表現であり、命の危険があったとしても命を落とさずに生き残ったなどという時、この表現が使われます。

例えば戦争を生き延びた、津波や地震を生き延びた、などと表現されます。

  • 「生き延びる」の読み方

「生き延びる」の読み方

「生き延びる」「いきのびる」と読みます。

常識としてぜひ知っておくべき表現の1つです。



「生き延びる」の表現の使い方

「生き延びる」という表現はもしかしたら命を失っていたかも知らないような状況を生き残った、死が極めて身近な問題だったけれど何とか命を取り留めた、などという時に使われる表現です。

最近はガンなどを意識して病院に通う人も増え、早期発見等が目指されていますが、そのような場合、適切な治療を受けて「生き延びる確率が高くなる」と言われています。

「生き延びる」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「生き延びる」を使った例文1
  • 「生き延びる」を使った例文2

「生き延びる」を使った例文1

「彼女は戦争を生き延びて今家族と幸せに暮らしている」

1945年、日本は最後の戦争を終えました。

この後は日本国憲法が制定されたことにより戦争が禁止され、日本は戦争を長らく経験していません。

第二次世界大戦では多くの人が亡くなり、今でも後遺症で苦しむ人がたくさんいますね。

そのような戦争を生き延び、今は家族と幸せに暮らしているという人たちも珍しくありません。

しかし、そのような人たちもだんだん高齢になり、毎年亡くなっていると言われています。

「生き延びる」を使った例文2

「彼女は病気を乗り越え、ここまで生き延びた」

日本の医療は世界的にもトップクラスだと言われています。

そのため病気になったとしてもきちんと病院で手当てを受ければそれなりに長生きすることが可能だと考えられているのです。

どれだけ病気になったとしても、怖がらずに病院にいきましょう。

それにより「生き延びる」チャンスを得ることが可能になります。

また、食事や睡眠時間などの生活習慣を見直すことも長生きするために非常に重要だと考えられます。



「生き延びる」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「生き抜く」【いきぬく】
  • 「生き残る」【いきのこる】

「生き抜く」【いきぬく】

「生き抜く」というのは困難や苦しみを克服して生き続ける、という意味です。

苦難や逆境を通して生き続ける時にも「生き抜く」という表現が使えます。

「生き残る」【いきのこる】

「生き残る」という表現にも困難や苦しみを通して生き続ける、乗り越える、という意味があります。

命の危険があっても命を落とさずに生き続ける時、「生き残る」という表現が使えるのです。

icon まとめ

「生き延びる」という表現はニュースでも聞くことがありますね。

意味をしっかりと理解しておきましょう。