意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「生き残る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「生き残る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「生き残る」という言葉を使った例文や、「生き残る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「生き残る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「生き残る」とは?
  • 「生き残る」を使った例文や短文など
  • 「生き残る」の類語や類義語・言い換え


「生き残る」とは?

「生き残る」という言葉を知っているでしょうか。

「災害に遭っても、生き残る準備」などと言ったことがあるかもしれません。

一方で、「生き残る」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「生き残る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「生き残る」の読み方
  • 「生き残る」の意味

「生き残る」の読み方

「生き残る」「いきのこる」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「生き残る」「いきのこる」と読みましょう。

「生き残る」の意味

「生き残る」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「生き残る」には、「他の人が死んだ後も、生き続けること」という意味があります。

「災害に遭っても生き残る準備」という言葉には、災害に遭って水や食料が不足することに備えて、食料などを用意し、生き続けるため準備することという意味があります。

このように「生き残る」という言葉には、「他の人が死んだ後も、生き続けること」という意味があります。



「生き残る」を使った例文や短文など

続いて「生き残る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「生き残る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「生き残る」を使った例文1
  • 「生き残る」を使った例文2

「生き残る」を使った例文1

「時代が変わっても『生き残る』会社を作る」

時代が大きく変われば、変化についていけない会社がつぶれて行きます。

そこでこの例文のように、他の会社がつぶれてしまうような状況でも、高い収益を上げ続けられるような会社を作ろうと思う経営者は少なくないでしょう。

このような時、比喩的に「生き残る」という言葉を使います。

「生き残る」を使った例文2

「隕石が落下して恐竜が絶滅した後、『生き残った』哺乳類が、我々の祖先だ」

この例文のように、かつて地球上で繁栄した恐竜は、隕石の落下により絶滅しました。

それでも生き続けた哺乳類の一部が進化したのが、人間の祖先になります。

このように、人間の祖先の哺乳類は、他の生物が絶滅しても「生き残る」ことができました。

「生き残る」の類語や類義語・言い換え

「生き残る」の類語や類似表現を紹介します。

「生き残る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「生存」【せいぞん】
  • 「生き延びる」【いきのびる】

「生存」【せいぞん】

「生存」という言葉には、「生きてこの世にいること」という意味があります。

「生存者」は、災害などに遭った後で、生きてこの世にいられた人という意味があります。

「生き延びる」【いきのびる】

「生き延びる」には「命に関わるような危機を乗り越えて、生き続ける」という意味があります。

「列車事故を生き延びる」「病に侵されても、生き延びる」などという使い方をします。



icon まとめ

「生き残る」という言葉について見てきました。

他の人が死んだ後も、生き残る様子を見た時などに、「生き残る」という言葉を使ってみましょう。