意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アセスメント」とは?意味や使い方!例文や解釈

「アセスメント」とは、「ある物事・現象を客観的に測定して評価すること」を意味する言葉です。

「アセスメント」「意味・読み方・使い方・アセスメントを使った言葉・例文と解釈・アセスメントと検査の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「アセスメント」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「アセスメント」とは?
  • 「アセスメント」の表現の使い方
  • 「アセスメント」を使った言葉と意味を解釈
  • 「アセスメント」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「アセスメント」と「検査」の意味の違い
  • 「アセスメント」の類語や類義語・言い換え
  • 「アセスメント」の英語と解釈


「アセスメント」とは?

「アセスメント」という表現は、「ある物事・現象を客観的(数量的)に測定して評価すること」を意味しています。

「アセスメント」とは、「特定の目的を持って、事象・対象を客観的(数量的)に査定したり評価したりすること」「フィードバックによる改善を目的にして、物事を測定して評価すること」を意味している表現なのです。



「アセスメント」の表現の使い方

「アセスメント」の表現の使い方は、「特定の目的をもって、ある事象や物事を客観的に評価する場合」に使うという使い方になります。

例えば、「製造現場では事前にリスクアセスメントを行ったほうがいいでしょう」といった文章で使うことができます。

「アセスメント」を使った言葉と意味を解釈

「アセスメント」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「人材アセスメント」
  • 「環境アセスメント」
  • 「リスクアセスメント」

「人材アセスメント」

「人材アセスメント」という言葉は、「ある職場・仕事における人材の能力・適性・性格傾向を、客観的(数量的)に測定して評価すること」を意味しています。

例えば、「現代の専門的なオフィスワークでは、人材アセスメントの実施によって適材適所の人事配置が行いやすくなっています」といった文章で使えます。

「環境アセスメント」

「環境アセスメント」という表現は、「製品や工場、工事が周辺環境に与える影響を客観的に調べて評価すること」を意味しています。

例えば、「排気ガス・廃液が一定以上出るような工場設備には、環境アセスメントの実施が義務付けられています」といった文章で使われます。

「リスクアセスメント」

「リスクアセスメント」という表現は、「製造業・建設業などで、現場の危険度や危険箇所などを事前に調査してそのリスクを評価すること」を意味しています。

例えば、「リスク管理のためには、実際の現場労働の前にリスクアセスメントを適切に実施しておく必要があります」といった文章で使用することができます。



「アセスメント」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「アセスメント」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「アセスメント」を使った例文1
  • 「アセスメント」を使った例文2

「アセスメント」を使った例文1

「人材の能力・成果だけではなくパーソナリティー(人間性)を評価できるアセスメントを導入したことで、職場の人間関係が改善してきました」

この「アセスメント」を使った例文は、「人材の能力・成果だけではなくパーソナリティー(人間性)を評価できる客観的な診断・評価尺度を導入したことで、職場の人間関係が改善してきた」ということを意味しています。

「アセスメント」を使った例文2

「環境保護を意識する現代では、大規模な土木建設工事の前には環境アセスメントが実施されるようになっています」

この「アセスメント」を使った例文は、「環境保護を意識する現代では、大規模な土木建設工事の前には、工事が環境に与える影響を調べるための科学的調査が実施されるようになっている」ということを意味しています。

「アセスメント」と「検査」の意味の違い

「アセスメント」「検査」の意味の違いは、「アセスメント」の表現は「人物・環境・物事などを客観的に測定して評価すること」を意味していますが、「検査」の表現は「ある基準を元にして正常か異常か(適切か不適切か)を調べてチェックすること」を意味しているという違いがあります。

「アセスメント」にも基準はありますが、「検査」の方が「基準に照らして正常か否かを調べる」ということに意味の重点があるのです。

「アセスメント」という言葉は、「正常か異常かを調べる目的だけではなく、客観的に評価したデータをフィードバックして改善に役立てる」という意味のニュアンスが強いという違いもあります。

「アセスメント」の類語や類義語・言い換え

「アセスメント」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「客観的な評価(診断)」
  • 「定量的な検査・改善のための調査
  • 「数字の見積もり・査定額」

「客観的な評価(診断)」

「アセスメント」の類義語・言い換えとして、「客観的な評価(診断)」があります。

「アセスメント」という表現は、「事象・対象を主観的ではなく、客観的・数量的に評価(査定・診断)すること」を意味しています。

その意味から、「アセスメント」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「客観的な評価(診断)」を指摘することができるのです。

「定量的な検査・改善のための調査

「アセスメント」の類語・言い換えには、「定量的な検査・改善のための調査」があります。

「アセスメント」という表現は、「主観的ではなく数字・統計を使って定量的な検査をすること」「状況・問題を改善するために事前調査をすること」を意味しています。

それらの意味から、「アセスメント」の表現は「定量的な検査・改善のための調査」という表現に言い換えることができるのです。

「数字の見積もり・査定額」

「アセスメント」の類義語・言い換えとして、「数字の見積もり・査定額」があります。

「アセスメント」という表現は、「税務・税金・鑑定の計算などで、数字の見積もりをすること」「不動産鑑定などで査定額を出すこと」を意味しています。

それらの意味から、「アセスメント」と近しい意味を示唆する類義語(シソーラス)として、「数字の見積もり・査定額」を上げられるのです。

「アセスメント」の英語と解釈

「アセスメント」という言葉を英語で表現すると、以下のようになります。

“assessment”(客観的に評価や査定をすること・見積もりや査定をすること・アセスメント) “investigation”(調査すること・調べて評価すること・アセスメント)

  • “Environmental assessment was carried out because of protecting the environment of nature.”

“Environmental assessment was carried out because of protecting the environment of nature.”

「アセスメント」という言葉を使ったこの英語の例文は、「自然環境保護のために、環境アセスメントを実施しました」ということを意味しています。

icon まとめ

「アセスメント」という言葉について徹底的に解説しましたが、「アセスメント」には「ある物事・現象を客観的に測定して評価すること」などの意味があります。

「アセスメント」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「客観的な評価(診断)」「定量的な検査・改善のための調査」「数字の見積もり・査定額」などがあります。

「アセスメント」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。