意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「耳年増」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「耳年増」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「耳年増」という言葉を使った例文や、「耳年増」の類語を紹介して行きます。

耳年増

Meaning-Book
「耳年増」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「耳年増」とは?
  • 「耳年増」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「耳年増」を使った例文や短文など


「耳年増」とは?

「耳年増」という言葉を知っているでしょうか。

「子供の頃から、耳年増だ」という人もいるでしょう。

一方で、「耳年増」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「耳年増」という言葉の意味を紹介します。

  • 「耳年増」の読み方
  • 「耳年増」の意味

「耳年増」の読み方

「耳年増」「みみどしま」と読みます。

「みみねんぞう」などと読み間違えないよう気を付けましょう。

これを機会に、「耳年増」「みみどしま」と読みましょう。

「耳年増」の意味

「耳年増」という言葉の意味を紹介します。

「耳年増」には、「聞いただけの知識が豊富で、実際の経験が伴わない若い女性」という意味があります。

「年増」には、「ある程度の年齢の女性」「中年女性」という意味があります。

聞いた知識だけで、話している内容は、まるで年増のように見えて、実際は経験が伴わない若い女性を、「耳年増」と言います。

大人の女性のように、聞きかじりの知識だけで話す女性を「耳年増」と言います。



「耳年増」の類語や類似表現や似た言葉

次に「耳年増」の類語や類似表現を紹介します。

「耳年増」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「聞きかじり」【ききかじり】
  • 「知ったかぶり」【しったかぶり】

「聞きかじり」【ききかじり】

「聞きかじり」には、「うわべだけで、本質を理解していないこと」という意味があります。

「聞きかじりの知識」という時は、うわべだけで本質を理解していないような、薄っぺらい知識という意味になります。

また、ちょっと耳にしただけだという自覚がある時は、「聞きかじりだけど」と前置きして、話を始められます。

「知ったかぶり」【しったかぶり】

「知ったかぶり」には、「本当はよく知らないのに、知っているようなふりをすること」という意味があります。

つい、良く知らないものを、まるでマニアのように語ってしまう時、後で「知ったかぶり」をしなければよかったと、後悔するかもしれません。

また、あまり知識がないのに、ひけらかしてくる人を見ると、「知ったかぶりの癖に」とイライラするかもしれません。

「耳年増」を使った例文や短文など

続いて「耳年増」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「耳年増」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「耳年増」を使った例文1
  • 「耳年増」を使った例文2

「耳年増」を使った例文1

「小学生の癖に、大人のような言葉遣いをする彼女は『耳年増』だ」

この例文のように、子供の癖に大人のような言葉遣いをする女の子がいます。

大人の中にいる時間が長く、大人の口調を覚えていたり、話の内容を理解せずに覚えている子供は、大人のような言葉遣いをします。

このような女の子は、知識だけが豊富な「耳年増」と呼ばれます。

「耳年増」を使った例文2

「彼女は『耳年増』なだけで、実際の恋愛経験はない」

この例文のように、若い女性は、「耳年増」になりやすいものです。

恋愛について語る口調は大人っぽく、それなりの説得力があります。

しかし、実際には本などから知識を得ただけで、実際の経験が伴っていないケースがあります。

男性と一度も付き合ったことがないのに、知識だけで恋愛経験豊富なふりをしている若い女性は「耳年増」と言われます。



icon まとめ

「耳年増」という言葉について見てきました。

聞きかじりの知識だけが豊富な、若い女性を見た時、または自分がそのようだと感じた時に、「耳年増」という言葉を使ってみましょう。