意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「知ったかぶり」の意味とは!類語や言い換え

「知ったかぶり」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「知ったかぶり」という言葉を使った例文や、「知ったかぶり」の類語を紹介して行きます。

知ったかぶり

Meaning-Book
「知ったかぶり」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「知ったかぶり」とは?
  • 「知ったかぶり」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「知ったかぶり」を使った例文や短文など


「知ったかぶり」とは?

「知ったかぶり」という言葉を知っているでしょうか。

職場や学校にいる「知ったかぶり」の顔が浮かんだという人もいるでしょう。

一方で、「知ったかぶり」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「知ったかぶり」という言葉の意味を紹介します。

  • 「知ったかぶり」の読み方
  • 「知ったかぶり」の意味

「知ったかぶり」の読み方

「知ったかぶり」「しったかぶり」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「知ったかぶり」「しったかぶり」と読みましょう。

「知ったかぶり」の意味

「知ったかぶり」には、どのような意味があるでしょうか。

「知ったかぶり」には、「たいして知識もないのに、知っているふりをする」という意味があります。

例えば、まだゴルフを始めたばかりの人が、ゴルフについて熱く語るとしたら、それほどの知識があるとは思えないため、「知ったかぶり」と言えるでしょう。

このように「知ったかぶり」には「たいして知識もないのに、知っているふりをする」という意味があります。



「知ったかぶり」の類語や類似表現や似た言葉

次に「知ったかぶり」の類語や類似表現を紹介します。

「知ったかぶり」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「はったり」
  • 「賢しら」【さかしら】

「はったり」

「はったり」には、「わずかなことを大げさに言ったり、強気な態度を取るなどして、相手を威嚇すること」という意味があります。

「はったりをきかせる」「はったりをかます」などという使い方をします。

「賢しら」【さかしら】

「賢しら」という言葉には、「利口そうに振舞うこと」「いかにも分かっているように振舞うこと」という意味があります。

「賢しらに、何様のつもりだ」と目上の人に起こられた時は、「分かったようなふりをして、何様だと思っているんだ」という意味があります。

「知ったかぶり」を使った例文や短文など

次に「知ったかぶり」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「知ったかぶり」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「知ったかぶり」を使った例文1
  • 「知ったかぶり」を使った例文2

「知ったかぶり」を使った例文1

「恋愛経験ゼロなのに、恋愛について『知ったかぶり』をする」

この例文のように、恋愛経験が少ない人ほど、恋愛について熱く語ったりします。

しかし、恋愛経験が豊富な人が見れば、「知ったかぶり」だと見抜かれてしまうでしょう。

「知ったかぶり」を使った例文2

「『知ったかぶり』をして、マニアに囲まれて困った事態になる」

「知ったかぶり」をして話を合わせているうちに、次々にその道のマニアが現れて、取り囲まれてしまうようなことがあります。

知っているふりにも限度があり、困ってしまうでしょう。



icon まとめ

「知ったかぶり」という言葉について見てきました。

良く知らないのに、知っているふりをする人を見た時、「知ったかぶり」という言葉を使ってみましょう。