意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「飽くなき挑戦」の意味とは!言葉を徹底解説

「飽くなき挑戦」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「飽くなき挑戦」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

飽くなき挑戦

Meaning-Book
「飽くなき挑戦」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「飽くなき挑戦」とは?
  • 「飽くなき挑戦」の表現の使い方
  • 「飽くなき挑戦」を使った例文と意味を解釈
  • 「飽くなき挑戦」の類語や類義語・言い換え


「飽くなき挑戦」とは?

「飽くなき挑戦」というのは困難な物事などに諦めず、立ち向かい続けること、という意味になります。

「飽くなき」という表現には飽きることがない、満ち足りるということがない、という意味であり、いつまでたっても高い向上心を持って努力し続ける事を「悪なき挑戦」というのです。

例えば、仕事や趣味に「飽くなき挑戦」を続ける人もいるのではないでしょうか。

いつまでたっても自分の仕事に満足せず、向上心を持って突き進んでいく人はまさに「飽くなき挑戦」をしているといえます。

2018年12月、95歳で亡くなったマツダの社長、山田健一氏はまさに「飽くなき挑戦」をした人物だとして知られていましたね。

  • 「飽くなき挑戦」の読み方

「飽くなき挑戦」の読み方

「飽くなき挑戦」というのは「あくなきちょうせん」と読みます。

よく使われる表現ですので、ぜひ知っておきましょう。



「飽くなき挑戦」の表現の使い方

「飽くなき挑戦」という表現はいつまでたっても自分に満足せず、高い目標を持っている人に対して使われる表現です。

人間は自分に満足してしまうとその時点で成長しなくなってしまいますね。

しかし、たとえ難しい課題であったとしてもいつも自分に満足せず、努力をしていこうと思えるのであれば、その人は「飽くなき挑戦」をしているといえます。

仕事でも趣味でも、そして家事でも同様です。

仕事をしている女性は家事や育児、そして仕事を両立しなければならず、忙しい人もいるでしょう。

しかしそのような中で「飽くなき挑戦」を続けることにより、自分を向上させることが可能になるのです。

「飽くなき挑戦」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「飽くなき挑戦」を使った例文1
  • 「飽くなき挑戦」を使った例文2

「飽くなき挑戦」を使った例文1

「彼女は飽くなき挑戦を続けたことにより、大手企業の社長になりました」

一般的な人が大手企業の社長になるのはまず不可能だと思う人もいるかもしれませんね。

親が既に会社を経営しているなどということであれば話は別ですが、何のコネもない人がそこまで向上できるわけもない、と感じる人もいるかもしれません。

しかし、常に飽くなき挑戦を続けたことにより、人生を成功させた人も珍しくありません。

自分の仕事ぶりに満足せず、常に新しい資格等に興味を持ち、自分を向上させられるように努力したいですね。

「飽くなき挑戦」を使った例文2

「社会人として飽くなき挑戦をする意識が大切です」

大学を卒業して就職すると、それだけで人生が決まってしまったように感じる人も多いといわれています。

定年するまで同じ会社で働き、なんだかこれで人生の行く先が決まってしまったように感じる人もいるかもしれません。

しかし、仕事は自分の意識次第でいくらでも楽しくすることが可能なのです。

飽くなき挑戦を続け、様々なことに挑戦していきたいですね。



「飽くなき挑戦」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「探究心」【たんきゅうしん】
  • 「向上心」【こうじょうしん】

「探究心」【たんきゅうしん】

「探究心」というのは物事について深い知識を得たり、原因を解明しようとしたりする気持ちのことを指しています。

ちなみに「探求心」には物事に興味を持ち、追求しようとしたりする心を指しています。

「向上心」【こうじょうしん】

「向上心」というのは自分で目標を設定し、目標達成に向かって邁進しようとする気持ちをさしています。

常に自分の現状に対する目標を設定し、それに向かって努力するということを「向上心」というのです。

icon まとめ

「飽くなき挑戦」をすることによって人生はいくらでも面白くなるといえます。

今の状態に満足せず、新しい課題を探していきたいですね。