意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「説明責任」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「説明責任」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「説明責任」という表現について詳しく紹介していきます。

説明責任

Meaning-Book
「説明責任」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「説明責任」とは?
  • 「説明責任を負う」の意味
  • 「説明責任」の表現の使い方
  • 「説明責任」を使った例文と意味を解釈
  • 「説明責任」の類語や類義語・言い換え


「説明責任」とは?

「説明責任」というのは政府や企業、団体や政治家、官僚など、社会に影響を及ぼすような組織に加わっている人、あるいはそのような組織で権限を行使している人が直接的、或いは間接的な関わりを持つ株主や従業員、消費者、取引業者、地域住民等にその活動や権限の内容、結果などを報告する必要があるという考え方を指しています。

例えば、お店で購入した食品に何らかのトラブルがあり、体調を崩した人が続出したとしましょう。

そうなれば、その食品を販売したお店やその食品の製造業者は一体なぜトラブルが起こったのか、などという説明責任を負います。

そのような説明責任を負った場合、企業はきちんと会見などを開いて説明しなければいけません。

  • 「説明責任」の読み方

「説明責任」の読み方

「説明責任」「せつめいせきにん」と読みます。

ニュースでもよく聞く表現ですので、ぜひ知っておきましょう。



「説明責任を負う」の意味

「説明責任を負う」というのは説明しなければいけない責任を負う、という意味であり、例えば消費者などに対し説明しなければならない状態になる、という意味を指しています。

例えば、もしも病院で医療ミスなどが起こり、誰かが命を落とした場合などは病院が説明責任を負いますね。

その時の状況はどうだったのか、看護師や医師は適切な判断をしたのか、きちんと確認していたのか、などという説明をしなければならなくなります。

「説明責任」の表現の使い方

「説明責任」というのは芸能人らにも使われることがあります。

もしも芸能人が飲酒運転や薬物などの問題を引き起こした場合、社会的な問題になりますよね。

そのため、芸能人はなぜそのようなことをしたのか、なぜそのような問題に至ったのか、今どう考えているのか、などという説明責任を負います。

政治家が失言などをして社会的に批判された場合なども、一体どのような意味があってその発言をしたのか、本来は何が言いたかったのか、などということを説明しなければいけません。

社会的に影響がある人たちがトラブルに関わった場合、きちんと説明しなければいけないと言われているのです。



「説明責任」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「説明責任」を使った例文1
  • 「説明責任」を使った例文2

「説明責任」を使った例文1

「食中毒のトラブルが起こり、老舗業者が説明責任を負いました」

たとえ老舗の業者であったとしても、食品に食中毒などの問題が生じてしまった場合はどのように食料品を管理しているのか、どのように製造しているのか、などということをきちんと説明しなければいけません。

説明の仕方によっては、元通りの信頼が取り戻せる可能性もあります。

「説明責任」を使った例文2

「医療ミスが起こり、病院は説明責任を負いました」

医療ミスはあってはならないことですが、万が一医療ミス等が起こった場合はきちんと説明責任を果たさなければいけません。

その時にどの看護師が関わっていたのか、上司はどのような指示を出したのか、などということを具体的に説明しなければいけなくなります。

「説明責任」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「アカウンタビリティー」
  • 「説明義務」【せつめいぎむ】

「アカウンタビリティー」

「アカウンタビリティー」というのは自分が担当して権限を持っている状況やその詳細の内容を利害関係者に説明しなければいけないという義務を指しています。

説明責任と同じ意味を持ちます。

「説明義務」【せつめいぎむ】

「説明義務」という言葉には株主総会において、取締役、会計参与、監査役、そして執行役から株主の質問に答え、説明するべき義務、という意味があります。

会社法第314条に規定されています。

icon まとめ

説明責任という表現はニュースでもよく聞きますので、ぜひ知っておきたいですね。

説明責任を負わなければならないようなトラブルには巻き込まれないようにしたいものです。