意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「死活問題」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「死活問題」という言葉を仕事をしている中で聞くことがあるかと思います。

この言葉が使われる時は、かなり状態が悪いことを思い浮かべるのですが、どのような意味があり、どんな場面で使われるのかを含めて考察していくことにします。

死活問題

Meaning-Book
「死活問題」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「死活問題」とは?
  • 「死活問題に関わる」とは?
  • 「死活問題」の表現の使い方
  • 「死活問題」を使った例文と意味を解釈
  • 「死活問題」の類語や類義語・言い換え


「死活問題」とは?

「死活問題」とは、「生き死に関わるような重大な問題」「生きるか死ぬかという瀬戸際までの極限状態」ということを表現した言葉です。

  • 「死活問題」の読み方

「死活問題」の読み方

「死活問題」「しかつもんだい」と読みますので、決して難しい読み方ではありませんが、しっかりとチェックしておきましょう。



「死活問題に関わる」とは?

「死活問題に関わる」という表現方法もありますが、これは「生き死に関わる重大な問題だ」ということになります。

実際に使われるケースとしては、「生活していくことができるがどうかの問題」というケースが大半でしょう。

「死活問題」の表現の使い方

「死活問題」は、生きるか死ぬかに関わる経済的な問題や悩みの時に使われることが大半です。

本当に生死に関わるような極限的なことで使われることは、あまりないと思われます。

病気、怪我などの肉体的に生死にかかわる場合には「死活問題」は使われず、「命に関わる」というような表現になります。

そのために、「死活問題」「生活が成り立たなくなる」という場合に用いられるのが、一般的な理解と言えるでしょう。



「死活問題」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「死活問題」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「死活問題」を使った例文1
  • 「死活問題」を使った例文2

「死活問題」を使った例文1

「企業にとっては、キャリアを持ち優秀な能力がある人材を登用していかないと死活問題となる」

企業では人材が経営を支える重要な基盤となることは誰しもが理解するところです。

しかし、若手社員を雇用することは、長期的な視点での活用であり、即戦力となるキャリアを持つ人材の中途採用も必要だというここです。

「死活問題」を使った例文2

「発行部数の少ない雑誌は、それがまさに死活問題となり、廃刊に追い込まれた出版社も少なくありません」

企業における「死活問題」とは、経営を左右することですが、この例文にあるように出版会社では、雑誌の発行部数が大きな影響を及ぼしてしまいます。

今ではインターネットが普及しているので、ますますその厳しさの度合いが強くなっています。

「死活問題」の類語や類義語・言い換え

「死活問題」を他の言葉に言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「余程の一大事」【よほどのいちだいじ】
  • 「生死を分ける問題」【せいしをわけるもんだい】

「余程の一大事」【よほどのいちだいじ】

「余程の一大事」「死活問題」の類義語として挙げることができます。

「悪い影響をもたらすような物事のこと」という意味で使われています。

このフレーズを耳にすると、かなり切迫した状態にあることが予想できそうです。

「生死を分ける問題」【せいしをわけるもんだい】

これも「死活問題」の類義語で、「生死を左右するほど重大な問題のこと」というニュアンスで使われています。

ビジネスシーンにおいても、「死活問題」刃よく使われるフレーズですが、「生死を分ける問題」は、それよりもさらに真剣度が高い印象があります。

icon まとめ

「死活問題」の意味や活用シーンを紹介してきましたが、私達の仕事環境の中では、このような局面かどれほどあるでしょうか? かなり大変な状況であることは間違いありませんが、本当に生死にまつわる問題なのであれば、より厳しい状況に陥っている可能性も否定できません。

したがって、このようなことで、浮き足立つようなことにならないようにしていくことが大切です。