意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「安寧秩序」とは?意味や使い方!例文や解釈

「安寧秩序」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「安寧秩序」という言葉を使った例文や、「安寧秩序」の類語を紹介して行きます。

安寧秩序

Meaning-Book
「安寧秩序」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「安寧秩序」とは?
  • 「安寧秩序」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「安寧秩序」を使った例文や短文など
  • 「安寧秩序」の反対語


「安寧秩序」とは?

「安寧秩序」という言葉を知っているでしょうか。

「安寧秩序を保持する」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「安寧秩序」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「安寧秩序」という言葉の意味を紹介します。

  • 「安寧秩序」の読み方
  • 「安寧秩序」の意味

「安寧秩序」の読み方

「安寧秩序」「あんねいちつじょ」と読みます。

「安寧」「あんねい」「秩序」「ちつじょ」と読みます。

これを機会に、「安寧秩序」「あんねいちつじょ」と読みましょう。

「安寧秩序」の意味

「安寧秩序」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「安寧秩序」には、「世の中が平穏で、公共の安全や社会の秩序が保たれている様子」という意味があります。

「世の中が安らかな様子」という意味もあります。

例えば日本も、戦国時代は戦が頻繁に起こっており、社会に秩序があるとは思えない状態でした。

このような時期に過ごした市民は、世の中が平穏で、安全であることを待ちわびたかもしれません。

このような思いを「安寧秩序」という言葉にできます。

このように「安寧秩序」には、「世の中が平穏で、公共の安全や社会の秩序が保たれている様子」という意味があります。



「安寧秩序」の類語や類似表現や似た言葉

次に「安寧秩序」の類語や類似表現を紹介します。

「安寧秩序」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「尭風舜雨」【ぎょうふうしゅんう】
  • 「天下泰平」【てんかたいへい】
  • 「地平天成」【ちへいてんせい】
  • 「安寧」【あんねい】
  • 「平穏」【へいおん】
  • 「平静」【へいせい】

「尭風舜雨」【ぎょうふうしゅんう】

「尭風舜雨」という言葉には、「天下泰平の世の中」という意味があります。

この言葉に登場する「尭」「舜」は、中国の、聖天子の名前になります。

このような素晴らしい王が行政した時代は、世の中が平穏無事で、天下泰平だったため、「尭風舜雨」には、「天下泰平の世の中」という意味があります。

「天下泰平」【てんかたいへい】

「天下泰平」という言葉には、「世の中が平和で、穏やかに治まっていること」という意味があります。

戦乱の世ではなく、人々が争うこともない、静かで穏やかな日々を過ごせる世の中を、「天下泰平」と言います。

「天下泰平の世を目指す」という時は、平和で極めて穏やかな世の中を作り上げることを目指すという意味があります。

また「天下泰平」「天下太平」と記載することもあります。

「地平天成」【ちへいてんせい】

「地平天成」という言葉には、「世の中が平穏で、天地が治まっていること」という意味があります。

「地平」という言葉には、世の中が平穏なこと、「天成」には、「天の運行が順調で、万物が栄える」という意味があります。

ちなみにこの四文字熟語は、年号の「平成」の出典とされています。

「地平天成の世を満喫する」という時は、平穏な世の中に生きることを、満喫するという意味があります。

「安寧」【あんねい】

「安寧」には、「異変もなく穏やかで平和な様子」という意味があります。

「安寧の世の中」という言葉には、異変のなく穏やかで平和な世の中という意味があります。

「安寧を乱す賊」という時は、平和な世の中を乱す、悪い奴らという意味があります。

「平穏」【へいおん】

「平穏」という言葉には、「穏やかで何事もない様子」という意味があります。

「平穏な職場」には、穏やかで揉め事が少ない職場という意味があります。

また「平穏な人生」には、穏やかで特段目立つことのない人生という意味があります。

「平静」【へいせい】

「平静」という言葉には、「穏やかで静かなこと」という意味があります。

「平静を装う」という時は、内心は波立っていても、穏やかで静かなふりをするという意味があります。

「安寧秩序」を使った例文や短文など

続いて「安寧秩序」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「安寧秩序」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「安寧秩序」を使った例文1
  • 「安寧秩序」を使った例文2

「安寧秩序」を使った例文1

「初詣で、世の中の『安寧秩序』を願う」

この例文のように、初詣の機会に世の中の「安寧秩序」を願った経験があるかもしれません。

個人の幸せも大切ですが、世の中が平和なことは、それと同じくらい大切なことと言えるでしょう。

「安寧秩序」を使った例文2

「『安寧秩序』の社会でないと、仕事に集中できない」

この例文のように、世の中が平和でなければ、秩序が保たれていなければ、どのような仕事も意味をなさないかもしれません。

平和があっての仕事という職種も少なくないでしょう。

人々が楽しむためのリクリエーションサービスなどを提供している企業は、「安寧秩序」であることが、仕事が成り立つための前提になるでしょう。



「安寧秩序」の反対語

「安寧秩序」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「安寧秩序」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「騒々しい」【そうぞうしい】
  • 「物騒」【ぶっそう】
  • 「不穏」【ふおん】

「騒々しい」【そうぞうしい】

「騒々しい」には、「世の中が穏やかでなく騒がしい」という意味があります。

「騒々しい時代」という時は、穏やかでなく騒がしい時代という意味になります。

騒々しいクラスという時は、穏やかでなく騒がしいクラスという意味があります。

「物騒」【ぶっそう】

「物騒」には、「世間が、物騒がしいこと」という意味があります。

「物騒な世の中のため、用心しよう」という時は、何となく平穏ではない世の中のため、用心しなくてはならないという意味になります。

「不穏」【ふおん】

「不穏」という言葉には、「何かが起こりそうな様子」という意味があります。

「Aグループが不穏な様子だ」という時は、Aというグループが何かを起こそうとしている様子が見られるという意味があります。

icon まとめ

「安寧秩序」という言葉について見てきました。

世の中が平穏だと感じる時、社会の秩序が保たれていると感じる時、「安寧秩序」という言葉を使ってみましょう。