意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「安寧に過ごす」とは?意味や類語、例文を紹介

「安寧に過ごす」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「安寧に過ごす」という言葉を使った例文や、「安寧に過ごす」の類語を紹介して行きます。

安寧に過ごす

Meaning-Book
「安寧に過ごす」とは?意味や類語、例文を紹介>


目次

  • 「安寧に過ごす」とは?
  • 「安寧に過ごす」の「安寧」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「安寧に過ごす」を使った例文や短文など
  • 「安寧」の反対語


「安寧に過ごす」とは?

「安寧に過ごす」という言葉を知っているでしょうか。

「安寧に過ごしたい」と願っている人もいるかもしれません。

一方で、「安寧に過ごす」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「安寧に過ごす」という言葉の意味を紹介します。

  • 「安寧に過ごす」の読み方
  • 「安寧に過ごす」の意味

「安寧に過ごす」の読み方

「安寧に過ごす」「あんねいにすごす」と読みます。

「安寧」「あんねい」「過ごす」「すごす」と読みます。

これを機会に「安寧に過ごす」「あんねいにすごす」と読みましょう。

「安寧に過ごす」の意味

「安寧に過ごす」という言葉の意味を紹介します。

「安寧に過ごす」「安寧」には、「異変なく穏やかで平和なこと」という意味があります。

そのため「安寧に過ごす」には、異変もなく、穏やかで、平和を感じながら日々を過ごすという意味があります。



「安寧に過ごす」の「安寧」の類語や類似表現や似た言葉

「安寧」の類語や類似表現を紹介します。

「安寧」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「穏やか」
  • 「安らか」

「穏やか」

「穏やか」には、「何事もない様子」という意味があります。

「穏やかな毎日」「何事もない毎日」という意味になります。

「安らか」

「安らか」には、どのような意味があるでしょうか。

「安らか」には、「不安がなく静かな様子」という意味があります。

「安らかな暮らし」には、「不安がなく静かな暮らし」という意味があります。

「安寧に過ごす」を使った例文や短文など

「安寧に過ごす」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「安寧に過ごす」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「安寧に過ごす」を使った例文1
  • 「安寧に過ごす」を使った例文2

「安寧に過ごす」を使った例文1

「会社を退職後は『安寧に過ごす』と決めている」

この例文のように、定年退職後は、穏やかな暮らしをしようと決めている人が多いかもしれません。

社会人時代は、いつも心がざわついていたり、心配事が多かった人ほど、このような思いになるでしょう。

「安寧に過ごす」を使った例文2

「『安寧に過ごす』のはいいが、退屈だ」

この例文のように、心配なく、安全な状態で過ごせることに幸せを感じていた人も、時間が経つにつれて退屈を感じるかもしれません。

何不自由のない暮らしは、やることがない暮らしとも言えます。

野生動物が、一日中エサを探したり、外敵を警戒して過ごしているように、人間もある程度のリスクを抱えた方が、人間らしく生きられるのかもしれません。



「安寧」の反対語

「安寧に過ごす」「安寧」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「安寧」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「危険」
  • 「剣呑」

「危険」

「危険」には「危ないこと」という意味があります。

「身の危険を感じる」という場合は、「自分の体が、何かしらの理由で危ないと感じる」という意味があります。

また「危険を冒す」「危険に身を投じる」などという使い方をします。

「剣呑」

「剣呑」「けんのん」と読みます。

「剣呑」には、「危ないこと」という意味があります。

「一人で山登りは剣呑だ」という場合は、一人で山登りをするのは危険だという意味があります。

icon まとめ

「安寧に過ごす」という言葉について見てきました。

「安寧に過ごす」という言葉の意味を知ったことで、そのような暮らしに憧れていると気付いた人もいるかもしれません。

一方で、刺激のある暮らしを選びたいと感じた人もいるでしょう。