意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「トゥエルブナイン」とは?意味!解説

「トゥエルブ・ナイン」は、物質の純度を表す為の言葉ですが、そこから転じた使い方もされています。

トゥエルブナイン

Meaning-Book
「トゥエルブナイン」とは?意味!解説>


目次

  • 「トゥエルブ・ナイン」とは?
  • 「イレブン・ナイン」とは?
  • 「テン・ナイン」とは?


「トゥエルブ・ナイン」とは?

「トゥエルブ・ナイン」とは、物質の純度に対して、9999999999%であるということの表現です。

「9」が12個使われていることで、トゥエルブ(12)+ナイン(9)からきている言葉で、下記に紹介する「イレブン・ナイン」より純度が上だという意味で使います。

ですが、「イレブン・ナイン」は正式な言葉ながら、この「トゥエルブ・ナイン」は、言わば俗語という扱いで、物理や科学(化学)の世界では用いていません。



「イレブン・ナイン」とは?

純度が、999999999%(9が11個)という意味で使う用語で、こちらは正式な言葉として、この物質にはそれほど純度があるなどと使われています。

現在では、集積回路(IC)に使われるの半導体素子には、ここまでの技術が採用されていることが珍しくなくなっています。

「テン・ナイン」とは?

こちらは、99999999%(9が10個)の表現です。

イレブン・ナインとまではいかないながら、限りなく100%に近いという意味になり、半導体素子して使われるケイ素(シリコン)の純度は、これが基準となるとも言われています。



icon まとめ

「トゥエルブ・ナイン」は、実際にはそこまでの純度の物質だと計測することが難しく、あくまで俗語だと考えておいてください。

また、そこまで本当だ(間違いない)という意味で、「信憑性はトゥエルブ・ナインだ」などといった用いられ方もしています。