意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自信過剰」とは?意味や言い換え!例文と解釈

ビジネスや日常会話で「自信過剰」という言葉を耳にすることがあります。

一体どの様な意味なのか、例文なども併せて詳しく紹介します。

自信過剰

Meaning-Book
「自信過剰」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「自信過剰」とは?
  • 「自信過剰」を分解して解釈
  • 「自信過剰」の表現の使い方
  • 「自信過剰」を使った例文と意味を解釈
  • 「自信過剰」の類語や類義語・言い換え


「自信過剰」とは?

「自信過剰」の概要について紹介します。

  • 「自信過剰」の読み方
  • 「自信過剰」の意味
  • 「自信過剰」と「自意識過剰」の違い

「自信過剰」の読み方

「自信過剰」「じしんかじょう」と読みます。

耳慣れた言葉ですので読み方は難しくないのですが、「過剰」「過乗」と書き間違わない様にしましょう。

「自信過剰」の意味

「自信過剰」「人が本来の実力や立場などを誤って判断して、自分を高く評価していること」という意味です。

「自分はできる」と思い込んでいるので難しい仕事を率先して引き受けてしまったりするのですが、いざ手がけてみるとできなかったりミスが多かったりします。

競争心が強く常に「自分は他の人よりも優秀だ」「あの人にできるのならば自分にもできるはず」と思っているからです。

仕事やものごとに対して「できます」「大丈夫です」と言うのですが、周囲から見てとてもできそうにないと思える時に「自信過剰」と言います。

「自信過剰」と「自意識過剰」の違い

「自信過剰」とよく似た言葉に「自意識過剰」がありますが、この2つは意味が全く違います。

「自信過剰」「自分に対する評価が高すぎること」です。

「自意識過剰」「常に自分が人にどう見られているかを気にしぎること」です。

この2つの違いは、評価をするのが「自分自身」なのか「他人」なのかという点です。



「自信過剰」を分解して解釈

「自信過剰」を分解して解釈します。

  • 「自信」
  • 「過剰」

「自信」

「自分に価値や能力あると思い込むこと」「自分の考え方や行動が正しいと思い疑わないこと」という意味です。

言葉の成り立ちは「自分を信じること」という意味で、他人の意思は関係なく自分で判断するものです。

この言葉だけならば良い意味でも悪い意味でも使われます。

「過剰」

「見合った量や程度を超えていること」という意味です。

自信やプライドなど精神的なものだけではなく、目に見えて程度を量れるものに対しても使われます。

「自信過剰」の表現の使い方

「自信過剰」は、周囲の人から見て判断する言葉です。

自分では「できる」と思っているので、「過剰」であることに気付きません。

言動が一致しない、能力に見合っていないと周囲の人が思った時に使われます。

ビジネスでは「自信を持つこと」は相手を安心させる為に大切ですが、「自信過剰」な人は信頼されずに嫌わる傾向にあります。

その為に「自信過剰」は良い意味では使われません。



「自信過剰」を使った例文と意味を解釈

「自信過剰」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「自信過剰」を使った例文1
  • 「自信過剰」を使った例文2

「自信過剰」を使った例文1

「彼はいつも自信過剰で最終的に人に泣きついてくる」

仕事でいつも「やれます」「できます」と言って安請け合いをする人がいるのですが、やってみると上手くいかなかたり分らないことがあり、人に「助けて下さい」とお願いしてくることを表しています。

「自信過剰」を使った例文2

「自信過剰な接客態度でクレームが来た」

接客業で商品やサービスを紹介するのに、出来ないことまで出来る様な印象を与えることを言った為に、勘違いをするお客さんがいて後からクレームが来たことを表しています。

「自信過剰」の類語や類義語・言い換え

「自信過剰」の類語を紹介します。

  • 「天狗になる」【てんぐになる】
  • 「自惚れる」【うぬぼれる】

「天狗になる」【てんぐになる】

「得意になって自慢すること」という意味です。

「得意になること」「鼻が高い」と言いますが、天狗の鼻の様に高くなることの例えとして使われています。

「自惚れる」【うぬぼれる】

「実際よりも自分が優れていると思い込み、自慢すること」という」意味です。

icon まとめ

「自信過剰」「人が本来の実力や立場などを誤って判断して、自分を高く評価していること」という意味です。

常に「自分はできる」と思っている人に対して使ってみましょう。